May 30, 2012 / 9:47 AM / 8 years ago

中国政府、シリアへの軍事介入に反対の立場を強調

5月30日、中国外務省の劉為民報道官は、シリア情勢に関連し、軍事介入や同国の政治体制の変更には反対の立場をとることを強調。昨年11月撮影(2012年 ロイター/David Gray)

[北京 30日 ロイター] 中国外務省の劉為民報道官は30日の定例会見で、シリア情勢に関連し、軍事介入や同国の政治体制の変更には反対の立場をとることを強調し、国連などの特使であるアナン前国連事務総長の仲介努力を各国が支持するよう改めて求めた。

アサド政権側の攻撃により市民が死亡したことに抗議し、多くの西側諸国が自国に駐在するシリア大使らに国外退去を求めたことについて、劉報道官は中国政府の対応には触れず、「在中国のシリア大使館に何らかの影響があったとは聞いていない」と述べるにとどめた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below