Reuters logo
原油や金など軒並み下落、欧州危機めぐる不透明感で=米市場
2012年5月8日 / 23:00 / 6年後

原油や金など軒並み下落、欧州危機めぐる不透明感で=米市場

[ニューヨーク 8日 ロイター] 8日の米商品市場では、原油や銅、金などが軒並み下落した。ギリシャとフランスの選挙を受けて、欧州債務危機をめぐる不透明感が高まったことから、幅広い売りが出た。

5月8日、米商品市場では、欧州債務危機をめぐる不透明感が高まったことから、原油や銅、金などが軒並み下落した。バーゼル・ミュールーズのユーロエアポート空港で2月撮影(2012年 ロイター/Pascal Lauener)

原油は5営業続落し、5日間の下げ幅は10月以降で最大となった。

原油など19商品の先物相場で構成されるロイター/ジェフリーズCRB指数.CRBは、0.78%安の295.13。同指数は、5月1日の引け以降、4%以上下落しており、5営業日中4営業日で下落した。

中心限月6月物のニューヨーク金先物は、約2%安の1オンス=1604.50ドルで終了した。一時は1600ドルを割り込んだ。

北海ブレント先物は0.43ドル安の1バレル=112.73ドル、米原油先物は0.93ドル安の97.01ドルで引けた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below