Reuters logo
米HPが約2.7万人のレイオフ発表、2─4月期は前年比31%減益
2012年5月23日 / 22:48 / 5年後

米HPが約2.7万人のレイオフ発表、2─4月期は前年比31%減益

[サンフランシスコ 23日 ロイター] 米コンピューター大手のヒューレット・パッカード(HP)(HPQ.N)は23日、全従業員の約8%に相当するおよそ2万7000人のレイオフ(一時解雇)計画を明らかにした。発表を受け、同社株は時間外取引で大きく値を上げた。

5月23日、米コンピューター大手のヒューレット・パッカードは、全従業員の約8%に相当する約2万7000人のレイオフ計画を明らかにした。仏イシー・レ・ムリノーの同社オフィスで昨年8月撮影(2012年 ロイター/Charles Platiau)

今回のレイオフは主に早期退職者の募集で達成する。2014年度末には年間30億─35億ドルの経費削減を達成する見込みとしている。

同計画に関連し、2012年度に税引き前で17億ドルの費用を計上する予定。

また、HPが同日発表した2012年度第2・四半期(2012年2─4月)決算によると、純利益は15億9000万ドル。前年同期の23億ドルから31%減少した。

一時項目を除いた1株当たり利益は0.98ドル。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストのコンセンサス予想は0.91ドルだった。

2─4月期の売上高は同3%減の306億9000万ドル。市場予想は299億2000万ドルだった。

ホイットマン最高経営責任者(CEO)は声明で、再投資に向けた人員削減や節減は「HPの長期的健全性のための資金確保と経営の改善のために必要」と説明した。

同社株は23日の通常取引を3.2%安の21.08ドルで終了していたが、発表後の時間外取引では11%上昇している。

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below