July 27, 2012 / 5:44 AM / 7 years ago

マレーシアのエアアジア、インドネシアのバタビア航空を買収へ

7月26日、マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジアは、インドネシアのバタビア航空を8000万ドルの現金で買収すると発表した。写真はエアアジアの旅客機、マレーシアで3月12日撮影(2012年 ロイター/Tim Chong)

[ジャカルタ 26日 ロイター] マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジア(AIRA.KL)は26日、インドネシアのバタビア航空を8000万ドルの現金で買収すると発表した。同社にとっては初めての主要航空会社の買収となり、インドネシアでの事業拡大を目指す。

今回の買収でインドネシア国内のLCC市場の競争が激化するとみられる。既存のLCCでは、ライオン・エアーのシェアが47%と最大。エアアジアはバタビアの買収で約13%のシェアを握ることになる。

ライオン・エアーの幹部はロイターに対し、国内市場の競争がさらに激化するのは確実と指摘した上で、「海外投資家がインドネシアの航空業界に大きな可能性があると考えていることの表れだ」と述べた。

エアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は1年前に行われたロイターとのインタビューで、買収について否定的な見方を示していた。しかし、26日にジャカルタで開催された記者会見ではこの考えを変え、「これがわれわれのインドネシアでのビジネス拡大の方法だ」と述べた。

エアアジアは年内にバタビア航空の76.95%株式、残りを2013年までに取得する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below