June 22, 2012 / 2:02 AM / 6 years ago

フランス政府、最低賃金上昇率に2%の上限設定へ=報道

[パリ 21日 ロイター] フランスのレゼコー紙が情報源を明らかにせずに報じたところによると、オランド政権は、7月1日から最低賃金の上昇率に2%の上限を設定する方針。

正式決定は、労組との協議が行われる26日になるという。

オランド大統領は、5月の大統領選で最低賃金の上昇を公約の1つに掲げており、労組から公約の実行を迫られている。

先月行った労組との初期交渉で、大統領は公約を繰り返したが、海外との熾烈な競争にさらされている中小企業の不安定化を防ぐ必要があるとして、慎重な姿勢を示した。

レゼコー紙は、2%の上限設定で最低賃金は1時間あたり9.40ユーロとなり、労働者の月収は27ユーロ増加するが、インフレを考慮すると「実質の」上昇率は0.6%にとどまるとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below