June 26, 2012 / 7:48 AM / 8 years ago

米国内の「タイトオイル」生産量は2035年までに倍増=EIA

[ニューヨーク 25日 ロイター] 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は25日、年次エネルギー見通しの中で、注目されているシェールオイルなどの「タイトオイル」の公式な生産見通しを初めて明らかにした。

EIAによれば、ノースダコタ州バッケンのシェール層などリポートに含まれている8つのタイトオイル鉱区の生産量は、2035年までに日量123万バレルに増加する見込みで、2011年と比較して2倍以上となっている。

米国内では、採掘技術の向上でシェール層からのタイトオイルの生産が活発になっており、最も期待されているノースダコタ州バッケンやスリーフォークスのシェール層での生産量は4月時点で日量54万5000バレルに達している。

米国にとってシェール層やチョーク層など低浸透率の貯留層の発見は、メキシコ湾岸油田の発見以来最大のエネルギー調達源となる。

リポートでは、タイトオイルの2012年の生産量は、国内生産の12.5%に相当する日量72万バレルとなり、2029年には最大日量133万バレルまで生産量が増加した後、2035年にかけて減少に転じると予想している。

また、現在の技術と人口統計が継続すると想定したこの予想では、米国内の原油生産量の見通しについては、2020年に670万バレルと1994年以来の高水準となり、タイトオイルの占める割合は18%と見込んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below