for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オバマ米大統領支持率、激戦州でロムニー氏をリード=世論調査

6月27日、米大統領選に向け、「スイング・ステート」と呼ばれる激戦州で共和党候補となるロムニー氏に対するオバマ大統領(写真)の支持率リードが鮮明になっている。アトランタで26日撮影(2012年 ロイター/Larry Downing)

[ワシントン 27日 ロイター] 11月6日の米大統領選に向け、「スイング・ステート」と呼ばれる激戦州で共和党候補となるミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事に対するオバマ大統領の支持率リードが鮮明になっている。

ただ全米規模の世論調査では、両者の支持率は互角となっている。

「スイング・ステート」は、コロラド、フロリダ、アイオワ、ミシガン、ネバダ、ニューハンプシャー、ニューメキシコ、ノースカロライナ、オハイオ、ペンシルベニア、バージニア、ウィスコンシンの12州。

クイニピアック大学の世論調査によると、政府が最近移民規制を緩和したことなどに助けられ、オバマ大統領の支持率は、オハイオ、ペンシルベニア、フロリダの各州でロムニー氏をリードしている。

一方、NBCとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の調査では、オバマ大統領の支持率は47%、ロムニー氏が44%で、大統領のリード幅は3ポイントと誤差の範囲となった。

ただ、調査範囲を「スイング・ステート」にしぼると、リード幅は8ポイントとなる。

また同調査では、大統領の経済対応を評価していないとの回答の割合が53%で、先月から1ポイント上昇した。

2008年の大統領選で、オバマ大統領は「スイング・ステート」のうち、オハイオ、ペンシルベニア、フロリダで勝利した。1960年以来、この3州のうち少なくとも2州で勝利していない大統領が当選したことはない。

クイニピアック大学調査研究所のアシスタントディレクター、ピーター・ブラウン氏は「大統領が選挙当日までこれら3州でリードを維持できれば、再選は事実上確実となるだろう」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up