July 17, 2012 / 12:05 AM / 7 years ago

米ヤフー新CEOにグーグルのメイヤー氏、ライバルから電撃移籍

[サンフランシスコ 16日 ロイター] 米ネット検索大手ヤフーYHOO.Oは16日、グーグル(GOOG.O) のマリッサ・メイヤー氏を新最高経営責任者(CEO)に起用すると明らかにした。就任は17日付。

7月16日、米ネット検索大手ヤフーは、グーグルのマリッサ・メイヤー氏を新最高経営責任者(CEO)に起用すると明らかにした。2010年9月撮影(2012年 ロイター/Robert Galbraith)

新CEO発表を受け、時間外取引でヤフー株は2%上昇した。

37歳のメイヤー氏はグーグル20番目の社員で、同社初の女性エンジニアとして知られ、検索エンジンの設計など、さまざまな事業において中心的な役割を果たしてきた。最近ではローカル、地図や位置サービスなどの担当副社長を務めていた。

ヤフーはこれまで、ロス・レビンソン暫定CEOを新CEOに昇格させるとみられていたため、メイヤー氏の起用はサプライズ人事となった。

メイヤー氏は、ヤフーにとってここ1年で3人目のCEO。ヤフーでは、昨年9月にキャロル・バーツ氏がCEOを退任、後任のスコット・トンプソン氏も今年5月に、学歴詐称問題で辞任に追い込まれている。

市場では、コンテンツよりも技術が得意とされるメイヤー氏の起用について、ヤフーが今後、オンラインコンテンツではなく、ウェブ向け技術や製品に再び注力する戦略をとるシグナルと受け止められている。

ベンチャー・キャピタリストのマーク・アンドリーセン氏は、コロラド州アスペンで開催されたフォーチュン誌主催の業界会合で「今回の人選は、ヤフーのプロダクト中心主義宣言だと解釈できる」と指摘した。

アンドリーセン氏は、スティーブ・ジョブズ氏の下で復活を遂げた米アップル(AAPL.O)を例にとり、ハイテク企業の立て直しは可能、と強調。「メイヤー氏は大役を担うことになる」と述べた。

一方、メイヤー氏自身はロイターの取材に対し、ヤフーはメディア企業としてもテクノロジー企業としても競合に勝つことは可能だと自信を示すとともに、リストラについて話すのは時期尚早だと述べた。

また、ツイッターに「大変興奮している」と投稿したメイヤー氏は、第一子の男の子を妊娠していることも明らかにした。出産予定日は10月7日で、数週間だけ産休を取る予定だという。

*情報を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below