September 20, 2012 / 12:36 AM / 6 years ago

英バーバリー、資生堂香水部門BPIとの提携協議が物別れ

[パリ 19日 ロイター] 英高級ファッションブランドのバーバリー(BRBY.L)と、資生堂(4911.T)の香水事業部門であるボーテ・プレステージ・インターナショナル(BPI)が進めていた提携協議が、物別れに終わったことが分かった。事情に詳しい2人の関係筋が19日、ロイターに明らかにした。

9月19日、英バーバリーと資生堂の香水事業部門BPIが進めていた提携協議が、物別れに終わったことが分かった。写真はバーバーリーのファッションショーで17日撮影(2012年 ロイター/Suzanne Plunkett)

両社はバーバリーの香水の製造・販売に向けたパートナーシップをめぐり協議していた。

関係筋の1人によると、交渉が物別れに終わったのは、バーバリーが香水事業を社内に抱え込み、BPIを主に販売店として利用することを希望したためだという。

BPIとの協議が物別れに終わったことで、バーバリーがインターパフュームズ(IPAR.PA)とのライセンス契約が切れる年末までに香水製造業者を見つけることができるのかなどについて、疑問が投げかけられている。

バーバリーは先週、通年の利益水準が市場予想の最下限近辺になるとの見通しを示した。7月には、インターパフュームズから約1億8100万ユーロ(2億3600万ドル)で香水に関するライセンスを買い戻すと発表した。

BPIとインターパフュームズは、バーバリーとの協議についてコメントを拒否、バーバリーは香水事業についてコメントしなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below