August 16, 2012 / 4:01 AM / 7 years ago

焦点:フォックスコン、インドネシアの安い労働力で生き残り模索

[ジャカルタ 15日 ロイター] 台湾の富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー・グループ)がインドネシアでの生産に乗り出す。インドネシア政府側によると、工場建設などで最大100億ドルを投じる計画。アジアで比較的人件費の安い同国への進出で、生き残りの鍵となるコスト削減を目指す。

8月15日、台湾の富士康科技集団(フォックスコン・テクノロジー・グループ)がインドネシアでの生産に乗り出す。。台北で2010年5月撮影(2012年 ロイター)

富士康科技集団の傘下の鴻海精密工業(2317.TW)や鴻準精密工業(フォックスコン・テクノロジー)(2354.TW)は米アップル(AAPL.O)のサプライヤー。フォックスコンは中国に主要生産拠点を持つが、賃金の上昇や労働争議を受け、他のアジア諸国に拠点を分散化する方針を示していた。

インドネシアのエレクトロニクス関連業界団体のAli Soebroto Oentayo会長は「フォックスコンは、すでに中国やブラジルに工場を持っているが、東南アジアにはなかった。インドネシアを選択したのは、市場の可能性の観点から正しい」と述べた。同国でのエレクトロニク製品の販売は今年、20%の増加が見込まれるという。

インドネシアのギタ・ウィルヤワン貿易相は14日、富士康科技集団が同国に50億─100億ドルを投じる予定だと述べた。首都ジャカルタ近郊の工業団地に携帯端末の組み立て工場を建設する。10月に着工する予定。生産能力は当初年300万台で、その後拡大していくという。

同相は15日、フォックスコンの投資計画は「わが国がマクロ面で達成したことを証明するもの」とロイターに語った。

フォックスコンの進出は天然資源国から工業国への転換を目指すインドネシアにとって歓迎すべき話だが、同時にフォックスコンも、米国の2倍の消費者を抱える東南アジア自由貿易圏に足場を作ることになる。

フォックスコン側はまだインドネシアへの投資を発表しておらず、同社のコメントは得られていない。ただ、フォックスコンのテリー・ゴウ会長は今年に入り、ブラジルにも拠点を広げ、日本やドイツに投資する方針を示し、それに続く投資先としてインドネシアとミャンマーを挙げている。

インドネシア経済は今年、国内消費とともに海外からの投資で予想以上のペースで成長。消費者関連企業は、豊かになりつつある中間層に注目。同国の中間層は、2014年までに1億5000万人に達すると予想されている。

さらに、インドネシア製の工業製品は2015年までに自由貿易品目になる。

人件費の安さも魅力だ。日本貿易振興機構(ジェトロ、JETRO)によると、製造業の1カ月当たりの賃金コストは中国の60%という。

バークレイズ・キャピタルのエコノミスト、プラクリティ・ソファト氏は、フォックスコンの脱中国依存の主な要因は人件費だと指摘した。

近年、靴メーカーや衣料関連企業の間で、賃金の低さを理由に中国やベトナムからインドネシアに生産拠点を移す動きが見られる。アジア開発銀行の統計によると、インドネシアの平均月給は113ドル。タイの半分以下、中国の3分の1だ。

しかし、インドネシアでも昨年はストライキが相次いだ。今後人件費が上昇し始める可能性がある。

<インドネシア政府の誘致>

インドネシア政府関係者によると、同国の産業省や投資関係機関の代表団が7月に台湾を訪問し、フォックスコンに投資するよう働きかけた。その際、どのような奨励策を提示したかは明らかではないが、税優遇措置などが示されたとみられる。

インドネシアは昨年、機械や通信分野の投資誘致策として最大10年間の優遇税制を発表。ソブリン格付けが投資適格級に引き上げられたこともあって、海外からの直接投資は記録的な水準に増えた。

フォックスコンの幹部も最近、視察のためにインドネシアを訪れた。

ウィルヤワン貿易相は7月、「彼らは現在の市場規模だけでなく、今後数年の展望についてかなり良い印象を持ったと思う。わが国には強みも不十分な点もあるが、彼らは大々的な事業拠点を構築すると思う」とロイターに語っている。

<リスクも>

インドネシアに投資する際に問題になるのが、インフラだ。工場が建設される見通しのジャワ島の道路渋滞は深刻で、1万7000もの島を結ぶ交通網も十分でない。公務員の汚職も問題となっている。

エレクトロニクス業界団体のOentayo会長は、フォックスコンが手掛ける製品は小型であるため、輸送インフラは問題にならないとしながらも、政府が何らかの支援策を講じる必要があると述べた。

為替のリスクもある。人民元相場は当局の介入により変動を抑えられているが、インドネシアルピアは激しく変動する可能性がある。

ルピアの対ドル相場は今年4.5%下落している。エコノミストは、貿易収支の悪化がルピアをさらに圧迫することを懸念している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below