October 18, 2012 / 11:18 PM / 6 years ago

米AMDの第3四半期は赤字、15%の人員削減も発表

[サンフランシスコ 18日 ロイター] 米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)AMD.Nが18日発表した第3・四半期決算は、売上高が12億7000万ドルで前年同期の16億9000万ドルから減少、純損益は1億5700万ドル(1株あたり0.21ドル)の赤字で、前年の9700万ドル(同0.13ドル)の黒字から赤字に転落した。

10月18日、米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイスの第3・四半期決算は純損益が1億5700万ドルとなり、赤字に転落した。台北で6月撮影(2012年 ロイター)

トムソン・ロイターIBESがまとめた調査では、売上高は12億8000万ドルと予想されていた。

また同社は、約1万2000人の社員を15%削減する計画を発表した。世界的な景気低迷と消費者のタブレット端末へのシフトが背景で、今年に入り2度目の大規模リストラとなる。

発表によると、リストラにより拠点の見直しも行う予定で、来年1億9000万ドルの営業コスト削減が可能になる。第4・四半期には約8000万ドルのリストラコストを計上する予定。

同社は先週、第3・四半期利益は当初予想を下回るとの見通しを明らかにしていた。

同社は第4・四半期の売上高は前期比で9%プラスマイナス4%程度の減少と予想している。これによると売上高予想は11億1600万─11億9600万ドルで、アナリスト予想平均の13億3000万ドルを下回っている。

時間外取引での同社株は変わらず。18日終値は5.41%安の2.62ドルだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below