Reuters logo
追加緩和の必要性判断するにはさらなる材料が必要=新BOE委員
2012年9月12日 / 08:57 / 5年後

追加緩和の必要性判断するにはさらなる材料が必要=新BOE委員

[ロンドン 11日 ロイター] 英イングランド銀行(中央銀行、BOE)の金融政策委員に就任したイアン・マッカファーティー氏は11日、議会で開かれた指名公聴会で、追加的な量的緩和策の必要性について慎重な考えを示し、自分の判断は英国経済の健全性に関するより明確な材料に左右される、との考えを示した。

マッカファーティー委員の公式な発言が伝えられるのは就任以来初めてで、前任者のポーゼン委員が追加緩和策を最も強力に支持していたのとは対照的だ。

マッカファーティー委員は、ユーロ圏の債務危機が英国経済に波及するリスクがあると警告しながらも、原油やコモディティ価格の上昇により、インフレ率の低下ペースは予想よりも緩慢になる可能性があると指摘した。

また、自分はインフレあるいは経済成長のどちらか一方をより重視することはないとし、「私はタカ派でもハト派でもない。私はその時点で得られる最善のデータに基づき、会合の度に決定を下す」と語った。

さらに「経済は著しい不透明感に覆われている。そのため、QEをさらに拡大する必要があるかどうかを決定するためには、さらなる材料が欲しい」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below