September 14, 2012 / 9:37 AM / 7 years ago

ミャンマーがデビットカードを初導入、キャッシュレスへ大きな一歩

[ヤンゴン 14日 ロイター] ミャンマーで14日、デビットカードサービスが初めて導入された。現金による決済が大半を占める同国で、キャッシュレスへの移行に向けた大きな一歩となる見通し。

中央銀行は17行と協力し、ミャンマー・ペイメント・ユニオン(MPU)を発足したと発表。ゆくゆくは顧客が全国のあらゆる現金自動預払機(ATM)から現金を引き出せるうえ、少数の店舗やレストランなどではカードによる決済もできるようになる。

中銀によると、当初は新たなデビットカードが利用できる場所がヤンゴンの14カ所に限られ、ショッピングモールや航空会社の事務所、コンピューターの販売店および1カ所のホテルと2カ所のレストランがこの対象となる。ATMからの引き出し額も1日当たり100万チャット(1152ドル)を上限に定める。

商業の中心であるヤンゴンで行われたイベントで、MPUのYe Min Oo事務局長は「現在は現金が中心の社会だが、キャッシュレスに移行していく」と述べた。

ATM用のカードは今年から利用可能となっていたが、利用者は自身の銀行のATMでしか引き出しができなかった。

今後数カ月でクレジットカードのサービスを導入する計画も進んでいる。米クレジットカード大手のマスターカード(MA.N)は、24時間利用可能なATMを保有するコーポラティブ銀行と、同国で初めてマスターカードブランドのカードを発行することで合意した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below