Reuters logo
QE3は効果が出始めている=米ダラス地区連銀総裁
2012年11月16日 / 01:36 / 5年後

QE3は効果が出始めている=米ダラス地区連銀総裁

[パロアルト(米カリフォルニア州) 15日 ロイター] 米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は15日、量的緩和第3弾(QE3)について、住宅ローン金利低下などの点で効果が出ていることを認めた。

フィッシャー総裁は、9月のQE3決定時には反対を主張していた。

総裁は、スタンフォード大学での講演後に記者団に対して「効果はすぐには出なかったが、ようやく出始めており、喜ばしい」と表明した。

ただ、現在の月額400億ドルのモーゲージ担保証券(MBS)買い入れを来年拡充すべきとの議論には、引き続き否定的な見方を示した。

フィッシャー総裁は「効果が出始めているのであれば、どうして追加的な措置が必要なのか」と述べ、次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)まであと1カ月あることから、判断するのは時期尚早としている。

総裁は「どの程度の期間続けるべきなのか、分からない」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below