Reuters logo
インタビュー:今年の欧州自動車販売は8%減=ルノー・日産CEO
September 28, 2012 / 5:07 AM / 5 years ago

インタビュー:今年の欧州自動車販売は8%減=ルノー・日産CEO

[27日 ロイター] 仏自動車大手ルノー(RENA.PA)と日産自動車(7201.T)両社の最高経営責任者(CEO)であるカルロス・ゴーン氏は、パリ自動車ショーでロイターテレビとのインタビューに応じ、今年の欧州自動車販売は前年比8%減となる公算で、来年については一段の減少が見込まれるとの見通しを示した。

9月27日、仏自動車大手ルノーと日産自動車両社の最高経営責任者(CEO)であるカルロス・ゴーン氏は、今年の欧州自動車販売は前年比8%減となる公算で、来年については一段の減少が見込まれるとの見通しを示した。パリ自動車ショーで撮影(2012年 ロイター/Jacky Naegelen)

ゴーンCEOは、欧州債務危機にもかかわらず、米国で2009年に起きたような政府主導の自動車業界再編が欧州で起きる「可能性はゼロ」だと述べた。「企業はそれぞれが抱える問題を自ら対処しなくてはならないだろう」としている。

今年1─8月の欧州の自動車販売は、前年同期比で7%超減少。ルノーにとって欧州市場は、売り上げの半分を占めている。

    日産のCEOでもあるゴーン氏は、尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐって日中が対立している問題について、中国における日産の販売にとって「短期的には悪いニュース」だとの見方を示した。この問題により、中国の日産ショールームへの客足は大きく落ち込んでいる。

    同CEOは「われわれは事態を注視し、生産を調整している」とした上で、「中国と日本の間には利害が一致することが非常に多い」ため、日中関係が早期に正常な状態に戻ることを希望すると述べた。

    ゴーンCEOはさらに、日本銀行(中央銀行)は円の急騰を抑制するためのに十分な措置を「明らかに講じていない」と指摘。円高へのいら立ちをにじませ、日銀は「さらなる緩和」を実施すべきだとの考えを示した。

    日産が日本から輸出する自動車のコストは、円高により大幅に押し上げられている。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below