December 18, 2012 / 6:57 AM / 6 years ago

米ウォルマートのメキシコ子会社、店舗開設に賄賂利用=報道

[ニューヨーク 17日 ロイター] 米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙電子版は17日、米小売り大手ウォルマート・ストアーズ(WMT.N)のメキシコ子会社ウォルマート・デ・メヒコ(ウォルメックス)WALMEXV.MXが、賄賂を使って好立地に店舗を開設してきた、と報じた。

地元当局者に賄賂を渡したケースが19件あったとしている。

賄賂は、新店舗開設の妨げになっていたとみられる区画整理に関する法律や環境上の認可などに絡んで贈られたケースが多いという。

NYTは、ウォルマートが贈ったとする賄賂の総額には言及していないが、適切な許可なしにテオティワカン遺跡付近に店舗を開設するため、22万1000ドル、グアダルーペ寺院付近の店舗開設に34万1000ドルを支払ったほか、メキシコ市付近の環境面で影響を受けやすい地域に冷却配送センターを設置するため、76万5000ドルを支払ったとしている。

ウォルマートの広報担当デビッド・トーバー氏は17日夜の声明で、海外汚職行為防止法違反をめぐって約1年前に開始した包括的な内部調査の一環として、NYTが報じた贈賄疑惑について、すでに調査していると述べた。

「現時点では調査を進めているところであり、最終的な結論には達していない」とした上で、コンプライアンスプログラム改善に向けた措置を取ったことを明らかにした。

同氏によると、ウォルマートはこの件に関して米司法省や米証券取引委員会(SEC)にも協力している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below