January 24, 2013 / 5:33 AM / 6 years ago

コラム:米アップル、ついに「非創造的破壊」に屈す

[ニューヨーク 23日 ロイター BREAKINGVIEWS] 米アップル(AAPL.O)はついに、「非創造的破壊」に屈してしまった。スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」やタブレット端末「iPad(アイパッド)」とともに走ってきた5年間はアップルを勢いよく投資の王国に向かわせたが、今やその足が止まろうとしている。

1月23日、米アップルはついに、「非創造的破壊」に屈してしまった。写真は米サンフランシスコのアップルストアにある同社ロゴと地下鉄プロジェクトの看板(2013年 ロイター/Robert Galbraith)

第1・四半期(10─12月)決算の純利益が横ばいになったとの発表を受けた23日の時間外取引では、500億ドル強の市場価値が消し飛んだ。これはヒューレット・パッカード(HPQ.N)とデルDELL.Oの時価総額合計にほぼ匹敵する。

模倣品の数は増える一方で、利益率はどんどん低下している。ティム・クック最高経営責任者(CEO)が、この「赤の女王の競争」(『鏡の国のアリス』に由来し、競争に生き残るために走り続けなければならないということ)から逃れるためには、本当のイノベーションが必要だ。

漸進的な製品のアップグレードの積み重ねは、アップルがライバルの韓国サムスン電子(005930.KS)と競争していく上でプラスに働いているが、その効果は限られる。

第1・四半期の売上高は前年同期比18%増加し、アイフォーンは約4800万台、アイパッドは2300万台を販売した。しかし残念ながら利益は従来のペースを維持できていない。

小型タブレット端末「iPad mini(アイパッドミニ)」は人気が出ているが、アイパッドほどもうからない。アイフォーン5も多くの顧客を引き付けたとはいえ、製造コストが高くつくことが判明している。アップルの営業利益率は6%ポイント近く下がって31.6%となった。

本質的にアップルは、ルームランナーの上で現在の位置を維持するためにどんどん走るスピードを速くしている。もちろん懸念されるのは、環境の変化がアップルが走れなくなるほどの速さとなり、ライバルが追いついてしまうことだ。もしくはアップルが転んで、信頼性の劣る地図アプリだけでは済まないような役立たずの製品を投入してしまう展開もあり得る。

投資家がそうした事態に備えているのは明らかだ。23日の時間外に株価が10%急落したことを考慮に入れると、株価は昨年の1株利益の約10倍となっている。

アップルにとって時価総額の約3分の1に相当する1370億ドルのキャッシュ・流動性資産は、万が一に対する絶好のクッションではある。ただ、アップルに最も望まれるのは、配当支払いや自社株買い、あるいはちょっとだけ手直して価格を安くしたアイフォーンを販売することではない。

これまで大成功を収めてきたやり方である「違う方向に走り出す」ことをするべきなのだ。

アップルの目を見張るような成長は、人々が欲しいという認識さえなかったような製品を生み出してきたことに由来する。今後の対象が決済機能なのか、テレビやその他の秘密プロジェクトかはともかく、アップルは独自開発のペースを加速させなければならない。

<背景となるニュース>

*アップルが23日発表した第1・四半期(10─12月)決算は、売上高が前年同期比18%増の545億ドル、純利益が横ばいの131億ドルだった。アイフォーンの販売台数は4780万台、アイパッドは2290万台、PCのマックシリーズは410万台となった。前年同期はそれぞれ3700万台、1540万台、520万台。第1・四半期末のキャッシュと流動性資産の保有額は1370億ドル。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below