February 7, 2013 / 2:31 AM / 6 years ago

米郵政公社、8月までに土曜の普通郵便配達打ち切り

[ワシントン 6日 ロイター] 米郵政公社(USPS)は6日、8月までに土曜日の第一種郵便(普通郵便)の配達を打ち切るとの計画を明らかにした。昨年度に約160億ドルの損失を計上したことを受け、コスト削減の一環としての措置という。

USPSによると、サービス停止により年間20億ドル程度のコストが削減できる。小包配達は継続し、営業時間も変更なしという。

USPSは、将来の退職者向けの医療関連手当てが財政を圧迫、さらに、電子メール普及によるサービス利用減もあって、ここ数年は毎年多額の損失を計上している。

ドナヒュー総裁は声明で「USPSは、小包配達の需要増と、米国における郵便利用傾向の変化に伴う財務上の現実に対応するため、配達に対して重要かつ新たなアプローチを進めていく」と述べた。

USPSは昨年、法律で定められた借り入れ上限を突破。必要な連邦政府への支払いが2度、不履行となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below