February 7, 2013 / 1:22 PM / 6 years ago

2012年のドイツ賃金、3年連続の上昇

[ベルリン 7日 ロイター] ドイツ連邦統計局は7日、2012年の国内賃金が3年連続で増加したことを明らかにした。

ユーロ圏債務危機や世界的な景気減速で、上昇率は前年から鈍ったものの、賃金上昇を受けた内需の拡大が、ドイツ経済の拡大に寄与する可能性もある。

2012年の月間平均総所得は実質ベースで0.6%上昇。2010年は1.5%上昇、2011年は1.0%上昇だった。

2012年の名目賃金は2.6%上昇したが、インフレ率が2.0%に達した。

今年は1250万人の労働者が賃金交渉の時期を迎える。エコノミストは、賃上げ率がインフレ率を上回る2.5─4.0%になると予想している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below