April 23, 2013 / 1:04 AM / in 6 years

アップル、「iPhone」めぐりグーグルの特許侵害せず=ITC

4月22日、米国際貿易委員会(ITC)は、米アップルが「iPhone(アイフォーン)」の製造で米グーグルの特許を侵害していないとの判断を下した。昨年8月撮影(2013年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[ワシントン 22日 ロイター] 米国際貿易委員会(ITC)は22日、米アップル(AAPL.O)がスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」の製造で米グーグル(GOOG.O)の特許を侵害していないとの判断を下した。

アップルは当初、タッチスクリーンのプログラミングなどiPhone関連技術をめぐり特許6件を侵害したとして提訴されていた。

仮にアップルが特許を侵害したと判断された場合、同社の製品は米国への輸入が禁止されていた可能性がある。

グーグルは連邦巡回区控訴裁判所に控訴することが可能。同社は声明で「この結果に失望しており、複数の選択肢を検討している」と表明した。

アップルの広報担当者はコメントを拒否した。

グーグルは2012年にモトローラ・モビリティを125億ドルで買収した際に問題の特許を取得した。

モトローラ・モビリティは2010年に、アップルが特許6件を侵害しているとして訴えていた。2件は訴えの対象から外され、ITCは昨年8月、このほか3件についてアップルによる特許侵害はないとの判断を下した。ただ、ITC内部のトーマス・ペンダー判事に対し、ユーザーの頭の位置を感知するセンサーをめぐる第4の特許について、アップルの特許侵害はないとするITCの判断を再審理するよう求めていた。

同判事は昨年12月に特許侵害はないとする判断を下し、ITC全体としても22日に同様の結論に至った。

*情報を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below