February 19, 2013 / 7:22 AM / 7 years ago

シンガポールとマレーシア、両国結ぶ高速鉄道整備で合意

[シンガポール 19日 ロイター] シンガポールとマレーシアは19日、シンガポールとクアラルンプール間を結ぶ高速鉄道を整備することで合意したと発表した。

両政府は「これは、マレーシアとシンガポール相互のアクセスが劇的に改善される戦略的開発プロジェクトだ。両国に強い成長や繁栄、機会をもたらす時代の到来を告げる」との共同声明を発表した。

声明によると、マレーシアのイスカンダル経済地区にあるプテリ・ハーバーに新たな税関、出入国管理局、検疫施設が年内に設置される見通し。

シンガポールのリー・シェンロン首相は、2020年までに建設を終了させることを目指していると明らかにした。

両国はさらに、シンガポールとイスカンダル経済地区における共同事業計画を明らかにした。これには、シンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングスTEM.ULとマレーシアの政府系投資会社カザナ・ナショナルKHAZA.ULが参加する見通し。

テマセクとカザナ・ナショナルは2011年、イスカンダル地区で健康関連の共同事業で合意しており、最終的な規模は約30億リンギになると見込まれている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below