Reuters logo
ボーダフォン、ベライゾン・ワイヤレス保有株売却めぐる観測広がる
2013年4月4日 / 06:42 / 5年後

ボーダフォン、ベライゾン・ワイヤレス保有株売却めぐる観測広がる

[ロンドン 3日 ロイター] 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ.N)が英ボーダフォン・グループ(VOD.L)との合併や同社買収の意向はないと表明したことを受け、ボーダフォンの投資家の間では両社の合弁会社ベライゾン・ワイヤレスの保有株売却をめぐる観測が広がっている。

ベライゾン・コミュニケーションズは2日夜、ボーダフォンを買収する意向はないと表明。これを受けてボーダフォンの株価は3日、3%下落した。

同社株は、ボーダフォンがベライゾン・ワイヤレスの保有株45%を売却して株主に利益を還元するか、ベライゾン・コミュニケーションズに身売りするとの期待から年初来25%超上昇してきた。

ベライゾン・コミュニケーションズのマクアダム最高経営責任者(CEO)はニューヨークでのプレスイベントで、ボーダフォンに関する計画についてコメントを拒否。ボーダフォンが保有するベライゾン・ワイヤレス株式の取得で合意する可能性が以前よりも高まったかとの記者団からの質問に対し、「何も変わっていない」と述べた。

ベライゾンは前日、ボーダフォンとの合弁ベライゾン・ワイヤレスのボーダフォン持ち分45%を取得することに依然として前向きな姿勢を示した。同社はこれまで長年にわたり、公式に同様の意向を示してきた。

ベライゾン・ワイヤレスが米携帯電話最大手に成長し、同事業からボーダフォンが多額の年間配当を得るようになったことから、ボーダフォンの主要株主の1人は、適切な時期が来た時に保有株式を売却するための交渉においてボーダフォンの立場が有利になっていると指摘。

「ここ半年ほどの間にボーダフォン経営陣の態度にわずかな変化が見られる。経営陣は常に理論上、適切な価格で売却することに前向きだったが、現在は心理的に売却する用意が整った段階に来ており、より現実味が増している」との見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below