April 16, 2013 / 5:32 AM / 6 years ago

金が2年強ぶりの安値、北海ブレントは100ドル割り込む

4月16日、コモディティ市場では、金が2年強ぶり安値に下落したほか、北海ブレント原油が7月以来初めて100ドルを割り込んだ。世界の景気見通し悪化が背景。台北で2011年4月撮影(2013年 ロイター/Nicky Loh)

[シンガポール 16日 ロイター] コモディティ市場では、金が2年強ぶり安値に下落したほか、北海ブレント原油が7月以来初めて100ドルを割り込んだ。世界の景気見通し悪化が背景。

金の下落幅は12日以降で14%と、3営業日での下げとしては1980年3月以降で最大。

金現物は、取引時間中の安値である1オンス=1321.35ドルを付けた。0317GMT(日本時間午後零時17分)時点では、0.7%安の1343.21ドル。

ニューヨーク金先物は一時3%下落、その後に下げ幅を1%をわずかに上回る水準まで縮小した。銀先物は3%下落、一時は6%下げる場面もあった。

北海ブレント先物6月限は2.63ドル安の1バレル=98ドルまで下げた。米原油先物5月限は年初来安値となる86.06ドルを付けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below