Reuters logo
英テスコが米小売り事業から撤退、通期決算は20年ぶりに減益
2013年4月17日 / 08:56 / 5年後

英テスコが米小売り事業から撤退、通期決算は20年ぶりに減益

[ロンドン 17日 ロイター] 英スーパー大手テスコ(TSCO.L)は17日、赤字部門の米小売り事業の撤退を明らかにした。撤退に伴い15億ドルの評価損を計上する。

4月17日、英スーパー大手テスコは、赤字部門の米小売り事業の撤退を明らかにした。写真は昨年10月、英ハマースミスで撮影(2013年 ロイター/Paul Hackett)

また、この日発表した2013年度通期決算は、20年ぶりに減益となった。

同社は、2007年に進出した「フレッシュ・アンド・イージー(F&E)」スーパーマーケットを撤退させる。F&Eは199店舗を展開し、従業員数は約500人。これまでF&Eには10億ポンド以上が投じられたが、黒字化したことはない。

2013年度(2013年2月13日までの1年)の税引き前利益は19億6000万ポンドと前年比51.5%減少。また、英国再生計画に伴うコストを計上したことなどから、基本的な利益は14.5%減となった。

英国の不動産投資で8億0400万ポンド、ポーランド、チェコ、トルコ部門で合計5億ポンドの評価損を計上した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below