December 6, 2015 / 11:04 PM / 4 years ago

今日の株式見通し=反発、米雇用統計後の米株高を好感

[東京 7日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発が見込まれる。11月米雇用統計発表後の米国株が大幅高となったことを好感し、主力株中心に買いが先行しそうだ。為替が円安方向に振れていることも追い風となる。もっとも、日経平均は2万円が抵抗線として意識されているため、買い一巡後は戻り待ちの売りなどで上値が重くなると予想される。

日経平均の予想レンジは1万9600円─1万9800円。

4日発表の11月米雇用統計は、非農業部門の雇用者数が市場予想以上に増加。9月と10月分も上方修正された。市場では米連邦準備理事会(FRB)が今月、約10年ぶりの利上げに踏み切ることを後押しする内容との見方が広がっている。米金融政策に対する不透明感が後退し、前週末の米国株は大きく上昇。為替は円安方向に振れている。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は大取終値比250円高の1万9710円。朝方は同水準にさや寄せする形で主力株中心に買いが先行しそうだ。

日経平均は前週末に400円超の大幅安となったが、下落分をすべて取り戻すのは至難だ。「11月後半以降、日経平均2万円乗せに数回チャレンジしたことで1万9800円から2万円水準での滞留が長引いた。買い一巡後は戻り待ちの売りも出そうだ」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジストの三浦誠一氏)という。

4日の米ダウ平均は369ドル高と急騰したが、過剰反応だった可能性もあり、週明けの米国株には調整のリスクもある。国内では11日にメジャーSQ(特別清算指数)算出を控え、裁定解消売りも意識されやすく、高値圏では様子見ムードも広がるとみられる。

主なスケジュールは、10月景気動向指数が発表される。ピジョン(7956.T)が2015年2―10月期の決算を発表する。海外で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      19504.48 20952.71 16592.57

-435.42 2015年6月24日 2015年1月16日

シカゴ日経平均先物12月限 19710(円建て)

*内容を追加して再送します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below