Reuters logo
今日の株式見通し=小じっかり、好決算銘柄の個別物色が中心
2017年2月1日 / 22:51 / 10ヶ月後

今日の株式見通し=小じっかり、好決算銘柄の個別物色が中心

[東京 2日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は小じっかりとした展開が予想される。前日の米国株式市場では主要3指数はそろって上昇した。足元の為替は1ドル113円台前半とほぼ横ばい圏内の動きとなっている。米国株高を好感し続伸して始まりそうだが、買い一巡後は伸び悩む場面もみられそうだ。

主要企業の決算発表が本格化する中、好決算銘柄の個別物色が中心の動きとなる見込みだ。

日経平均の予想レンジは1万9100円─1万9300円。

1日の米国市場はダウ.DJIとS&P総合500種.SPXが反発し、ナスダック総合.IXICは続伸した。S&Pの上昇は5日ぶり。米アップル(AAPL.O)が6%高となり、主要株価指数を押し上げた。同社株の終値は1年半ぶりの高値水準だったが、この上昇効果を除くと、主要3指数はいずれも下落していた計算になる。

トランプ米大統領の就任後初めてとなるこの日の連邦公開市場委員会(FOMC)の声明では、雇用の伸びは引き続き堅調だとしたほか、順調な経済回復が続いているとの見方が示された。ただ、次回の追加利上げ時期に関する踏み込んだ表現は見られなかった。

日経平均先物3月限は、大阪取引所の夜間の終値が1万9180円。シカゴの清算値(円建て)が1万9155円を付けている。いずれも前日の現物株終値をやや上回る水準で、序盤の東京市場はやや買い優勢となりそうだ。

市場からは「トランプ大統領の円安けん制発言による市場の動揺が一段落し、落ち着いた値動きとなりそうだ。日経平均の指数自体に動きは乏しく、決算などの個別に材料が出た銘柄に売買が集中しそうだ」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ている。

きょうは国内では1月のマネタリーベース、1月消費動向調査が公表される。エーザイ(4523.T)、三菱商事(8058.T)、ソニー(6758.T)、マツダ(7261.T)、パナソニック(6752.T)などの決算発表も予定されている。海外では米新規失業保険申請件数(労働省)が発表される。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      19148.08 19615.40 14864.01

+106.74 2017年1月5日 2016年6月24日

シカゴ日経平均先物3月限 19155(円建て)

*内容を追加して再送します。

辻茉莉花

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below