July 2, 2020 / 8:03 AM / a month ago

訂正:再度の緊急事態宣言、誰にとっても好ましくない=小池都知事

 7月2日、小池百合子都知事は 東京都での新たな新型コロナウイルス感染者が100人を超えたことを受け、「感染拡大要警戒」の状況にあるとの認識を示した。一方で「緊急事態宣言の状況に戻ることは誰にとっても好ましくない」とも述べ、ウィズコロナの時代を迎える中で今後、経済・感染防止を両立させるため、都民には夜の街への外出を控えるよう、事業者には感染防止ガイドラインを守るよう呼び掛けた。写真は4月10日の会見で話す小池氏。東京で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] - 小池百合子都知事は2日、東京都での新たな新型コロナウイルス感染者が100人を超えたことを受け、「感染拡大要警戒」の状況にあるとの認識を示した。一方で「緊急事態宣言の状況に戻ることは誰にとっても好ましくない」とも述べ、ウィズコロナの時代を迎える中で今後、経済・感染防止を両立させるため、都民には夜の街への外出を控えるよう、事業者には感染防止ガイドラインを守るよう呼び掛けた。

都は専門家に、感染状況と医療提供体制について分析を依頼。小池知事は「感染状況についての(専門家の)評価は『感染が拡大しつつある』、医療提供体制については 『体制強化の準備が必要である』との分析結果だった」と説明した。

分析では、これまでの感染者数と増加率からみて、このままであれば4週間後(訂正)には感染経路不明者が160人程度に、その6日後には960人に増加し、現状での東京都の病床数1000床を埋める状況になるという。

こうした現状について小池知事は「都として、感染拡大の警戒を要する段階だ」との認識を示した。

東京都で2日に確認された新規感染者は107人。小池知事はこのところの感染拡大の特徴として、20─30代の若者が感染者の7割を占めること、新宿・池袋で多発していること、感染経路は友人同士の集まりや会食も多いことを挙げた。

その上で「(感染者には)若者が多く今週のこれまでと同様の傾向にはあるが、感染拡大にさらなる警戒が必要だ」と指摘。「都民は夜の繁華街への外出を控えるよう、また、事業者には感染拡大予防ガイドラインを徹底するようお願いする。接待を伴う飲食店の経営者は、従業員のPCR検査を強く勧めてもらいたい」と述べ、感染防止に努めるよう呼びかけた。

*本文3段落目の「1週間後」を「4週間後」に訂正します。

中川泉 編集:田中志保

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below