July 2, 2020 / 8:43 AM / a month ago

東京で107人感染 小池知事「拡大要警戒」 緊急事態に該当せず

[東京 2日 ロイター] - 東京都は2日、この日新型コロナウイルスへの感染が確認された人が107人になったと発表した。都内で1日の感染の確認が100人以上となるのは、大型連休中の5月2日以来。5月25日の緊急事態宣言解除後、東京都は経済活動のレベルを引き上げてきたが、日々の感染者も増加、先月26日以降は新規感染確認者が50人を超える日が続いている。

 7月2日、東京都は新型コロナウイルスへの感染がこの日確認された人が107人になったと発表、小池百合子都知事は「感染拡大要警戒」の段階にあるとの認識を示した。写真は東京台場のレインボーブリッジ。2018年11月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

<「感染拡大要警戒」、緊急事態宣言「好ましくない」>

小池百合子都知事は同日、東京都は「感染拡大要警戒」の段階にあると強調。都民には夜の街への外出を控えてほしいと語った。また、これが感染第2波に当たるかどうかは専門家の判断に委ねるとした。

西村康稔経済再生相は小池都知事と会談し、高い緊張感をもって警戒すべき状況という認識で一致したと述べた。

ただ、小池知事は「緊急事態宣言の状況に戻ることは誰にとっても好ましくない」と述べ、西村再生相も「緊急事態宣言をするほどではない」との認識を示した。

菅義偉官房長官も同日午後の会見で、直ちに緊急事態宣言を再び出す状況に該当するとは考えていないとの認識を示した。菅官房長官は、感染のリスクをゼロにすることはできないとした上で、リスクをコントロールしながら社会・経済活動のレベルを引き上げていくという考え方に変わりはないとした。

<10万人当たりの感染者、2.5人超え>

政府が緊急事態宣言を解除したのは5月25日。解除の目安としていたのは、直近1週間の新規感染者数が10万人当たり0.5人程度以下だったが、NHKによると、東京都は6月29日までの1週間で2.61人となっている。

厚生労働省は、直近1週間の人口10万人当たりの感染者数が2.5人以上になった場合、自粛などの協力の呼び掛けが早いほど、医療だけでなく、自粛期間の短期化などで経済的にも影響が小さいとしている。

東京都の分析では、経路不明の新規感染者は、このままの勢いで増えた場合、4週間後には6倍の160人になるという。

*内容を追加しました。

石田仁志 編集:田中志保

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below