Reuters logo
〔マーケットアイ〕金利:国債先物が続落で前引け、長期金利0.030%に小幅上昇
November 27, 2017 / 2:13 AM / 21 days ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が続落で前引け、長期金利0.030%に小幅上昇

    [東京 27日 ロイター] - 
    <11:07> 国債先物が続落で前引け、長期金利0.030%に小幅上昇
    
    国債先物中心限月12月限は、前営業日比4銭安の150円98銭と小幅続落して午
前の取引を終えた。前週末の海外市場で欧米債が下落した流れを引き継いだ。その後は月
末の年限長期化に絡む買い需要や12月大量国債償還といった好需給要因が意識されて、
狭いレンジでの値動きとなった。
    日銀は午前、国債買い入れを通告。「残存1年以下」(買入予定額500億円)、「
残存1年超3年以下」(同2500億円)、「残存3年超5年以下」(同3000億円の
3本のうち、「1年以下」は前回比200億円の減額となったが、相場への影響は限られ
た。。
    現物市場は閑散のなか軟調。持ち高調整主体の動きとなった。10年最長期国債利回
り(長期金利)は同0.5bp高い0.030%に小幅上昇。
 
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.04─
マイナス0.07%付近で取引された。取引金利水準は前週末と大きく変わっていない。
ユーロ円3カ月金利先物は小動き。
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.18  -0.1  0.00  11:
 年      9     8     4   01
 5   -0.13  -0.1  0.00  10:
 年      2    24     3   59
 10  0.026  0.03  0.00  11:
 年            4     4   00
 20  0.567  0.57  0.00  10:
 年            5     5   59
 30  0.831  0.84  0.01  11:
 年                      00
 40  0.994  1.00  0.01  11:
 年            6     2   00
 
    
    <10:25> 日銀が国債買い入れを通告、「1年以下」を200億円減額
    
    日銀は午前10時10分、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年以下」(買入
予定額500億円)、「残存1年超3年以下」(同2500億円)、「残存3年超5年以
下」(同3000億円)。「1年以下」は前回に比べて200億円の減額となった。
    
    市場では、日銀の買入減について「短国を含め1年以下のゾーンで需給がひっ迫して
いることを踏まえての対応ではないか。また、日銀としては深いマイナス利回りの国債を
買い入れに慎重になっている可能性もある」(証券)との声が出ている。
    
 国債先物は反応薄。「減額対象が年限が短いゾーンであるため、ほとんど反応していな
い(別の証券)という。
    
 TRADEWEB                               
        OFFER    BID     前日比  時間
 2年     -0.191  -0.182   0.002    10:01
 5年     -0.132  -0.124   0.003    10:25
 10年     0.025   0.033   0.003    10:25
 20年     0.567   0.575   0.005    10:25
 30年     0.832    0.84    0.01    10:25
 40年     0.994   1.006   0.012    10:25
 
    
    <09:05> 国債先物が小幅続落で寄り付く、YCC微修正の思惑に警戒も
    
    国債先物中心限月12月限は、前営業日比3銭安の150円99銭と小幅続落して寄
り付いた。その後、150円90銭台後半で推移している。前週末の海外市場で欧米債が
下落した流れを引き継いだ。ただ、きょうは短期・長期を対象に国債買い入れが予定され
ているほか、月末にかけて年限長期化需要などで好需給が意識されやすいことから、下値
は限定的にとどまっている。
    
    日銀の鈴木人司審議委員は25日付の毎日新聞とのインタビューで、日銀が短期金利
をマイナス0.1%とする政策について「金融機関の収益に与える影響は相当程度大きい
」と指摘し、「微修正が行なわれることがあってもおかしくない」と指摘した。
    
    三菱UFJモルガン・スタンレー証券・シニア債券ストラテジストの稲留克俊氏は、
鈴木委員の発言について「黒田東彦総裁がリバーサル・レートに言及して以来、イールド
カーブコントロール(YCC)政策の微修正は市場参加者が意識している内容。まだ、メ
ーンシナリオになりにくい状況で市場が織り込むまでに至っていない。しかし、29日の
中曽副総裁の講演で踏み込んだ発言があれば、市場のムードが変わる可能性があるだけに
要警戒だ」と述べた。
    
 TRADEWEB                              
       OFFER    BID      前日比   時間
 2年     -0.19   -0.181    0.003   9:03
 5年    -0.136   -0.129   -0.002   9:03
 10年    0.024    0.031    0.001   9:03
 20年    0.563     0.57        0   9:01
 30年    0.828    0.837    0.007   9:01
 40年    0.992    1.003    0.009   9:05
 

    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below