January 17, 2018 / 3:53 AM / 6 months ago

〔マーケットアイ〕金利:1年物TB入札結果は無難、最高落札利回り-0.1371%

    [東京 17日 ロイター] - 
    <12:50> 1年物TB入札結果は無難、最高落札利回り-0.1371%

    財務省が午後0時35分に発表した新発1年物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りは
マイナス0.1371%、平均落札利回りはマイナス0.1401%と前回(最高:マイナス0.1497
%、平均:マイナス0.1547%)に比べて上昇した。
    
    市場では「最高落札利回りは事前予想の範囲で決まった。無難との評価だ」(国内金融機関)との声が
出ている。
 TRADEWEB                               
        OFFER    BID     前日比   時間
 2年     -0.138   -0.13    0.004   12:49
 5年     -0.087  -0.079   -0.001   12:42
 10年     0.075   0.082    0.002   12:50
 20年      0.59   0.597    0.001   12:50
 30年     0.824   0.832   -0.002   12:49
 40年     0.985   0.993   -0.001   12:47
 
    
    <11:11> 国債先物が小幅続落、10年349回債は取引成立せず
    
    国債先物は小幅続落で午前の取引を終えた。前日の米債高を手掛かりにした買いが先行するとみられて
いたが、ポジションを調整する動きで始まった。その後は、日銀の国債買い入れオペへの期待から買いも入
り底堅く推移した。現物債は閑散。オペ結果待ちの市場参加者が増え動意薄だった。
    
    長期国債先物中心限月3月限の前引けは、前営業日比3銭安の150円40銭。10年債(349回)
は取引が成立しなかった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.035─マイナス0.060%付近を中心に取引
された。引き続き金融機関によって資金の調達水準に差があり、取引レートのレンジが大きかった。ユーロ
円3カ月金利先物は小動き。日銀は6日物の米ドル資金供給オペをオファーした。
    財務省が午後0時35分に発表する1年物国庫短期証券(TB)買い入れ結果で、最高落札利回りはマ
イナス0.14%前後になる見通し。
    
    
 TRADEWEB                                
        OFFER    BID      前日比   時間
 2年     -0.141   -0.133    0.001    9:44
 5年     -0.091   -0.083    -0.01   10:47
 10年     0.073    0.081    0.001   10:59
 20年      0.59    0.597    0.001   10:47
 30年     0.824    0.833        0   11:00
 40年     0.985    0.992        0   10:59
 
    <10:16> 日銀が短期・中期の国債買入を通告、オファー額は据え置き
    
    日銀は午前10時10分、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年以下」(買入予定額500億円
)、「残存1年超3年以下」(同2500億円)、「残存3年超5年以下」(同3000億円)。
    
    オファー額はいずれも前回から据え置かれた。オファー内容は市場想定通りとなったため、国債先物は
動意薄。
   
 TRADEWEB                                 
        OFFER    BID       前日比   時間
 2年     -0.141    -0.133    0.001    9:44
 5年     -0.091    -0.083    -0.01   10:11
 10年     0.073     0.081    0.001   10:12
 20年     0.588     0.596        0   10:10
 30年     0.824     0.833       -0   10:12
 40年     0.984     0.992       -0    9:56
 
    <09:03> 国債先物が小幅続落で寄り付く、オペ期待で下値には買い
    
    国債先物中心限月3月限は、前営業日比1銭安の150円42銭と小幅続落して寄り付いた。その後は
下値に買いも入り前日引け値付近でもみあっている。市場では「前日の米債高を手掛かりにした買いが先行
するとみていたが、ポジションを調整する動きがやや優勢になったようだ。もっとも、きょうは中期を対象
にした日銀の国債買い入れオペが予定されているため、需給の引き締まりを意識した買いが次第に強まり、
下値を切り上げそうだ」(国内証券)との見方がある。
    
    設備投資の先行指標として注目されていた11月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比5.7
%増となり、ロイター予測の1.4%減を上回った。10月に増加した反動減が予想されていたが、強い結
果になった。ただ、円債市場への影響は限られている。
 TRADEWEB                              
        OFFER    BID      前日比  時間
 2年     -0.141   -0.133   0.001   8:47
 5年      -0.09   -0.082       0   8:55
 10年     0.073    0.081   0.001   8:50
 20年     0.589    0.597   0.001   8:53
 30年     0.823    0.834       0   8:54
 40年     0.985    0.994       0   8:53
 
    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below