April 19, 2018 / 2:19 AM / 7 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が小反落で前引け、長期金利0.035%に小幅上昇

    [東京 19日 ロイター] - 
    <11:05> 国債先物が小反落で前引け、長期金利0.035%に小幅上昇
    
    国債先物中心限月6月限は前日比3銭安の150円87銭と小反落して午前の取引を終えた。朝方に伝
えられた日米首脳会談後の共同記者会見は「サプライズの要素がなかった」(証券)として、相場への影響
は限定的。高値警戒感が意識される中、株価上昇や20年債入札を警戒した売りが出た。
    現物市場は閑散。朝方はしっかりと推移していた超長期ゾーンは前引けにかけて売りが出た。10年最
長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp高い0.035%に小幅上昇。
    
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.045─マイナス0.085%付近で取引
された。資金需給が国債発行要因で大幅な不足地合いとなったが、準備預金の積み期前半で資金調達意欲は
慎重だった。加重平均レートは前日(マイナス0.063%)並みで推移しているもよう。
    
    ユーロ円3カ月金利先物は横ばい圏。財務省が午後0時35分に発表する3カ月物国庫短期証券入札の
結果で、最高落札利回りはマイナス0.16%台後半と前回(マイナス0.1625%)に比べて小幅低下
する見通し。
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.15  -0.1  0.00  11:
 年      2    43     6   00
 5   -0.11  -0.1  0.00  10:
 年      3    06     3   59
 10  0.032  0.03  0.00  10:
 年            9     4   59
 20  0.497  0.50  0.00  11:
 年            5     3   00
 30  0.693  0.70  -0.0  10:
 年            1    01   58
 40  0.818  0.82  -0.0  11:
 年            8    03   01
 
    
    <10:30> 財務省が20年債入札を通告、好需給を支えに無難か
    
    財務省は午前10時半、20年債入札を通告した。利率0.5%で、発行予定額1兆円。3月(第16
4回)債としてリオープン発行される。
    
    20年164回債は午前、0.495%と節目の0.5%を割り込んで推移している。低い利回り水準
やカーブ上の割高感で投資妙味が薄れ、入札に慎重な声も出ている。一方で、超長期ゾーンの入札は5月1
5日まで3週間余りも間隔が空くことに加えて、日銀の買入減額観測が後退し、需給が引き締まりやすい状
況だ。「ドル調達コストの高まりや米通商政策など海外に不透明な材料が多い中、低ボラティリティかつキ
ャリーが確保できる20年債には相応の需要が集まると予想される」(みずほ証券・マーケットアナリスト
の稲垣真太郎氏)という。仮にテールが流れたとしても、「金利が上がった局面をとらえて買いたいという
投資家が少なくない」(国内証券)として、無難に通過するとみられている。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.15  -0.1  0.00  10:
 年      2    44     5   22
 5   -0.11  -0.1  -0.0  10:
 年      7     1    01   27
 10  0.031  0.03  0.00  10:
 年            8     3   25
 20  0.495  0.50  0.00  10:
 年            3     1   28
 30  0.693  0.70  -0.0  10:
 年            1    01   05
 40  0.816  0.82  -0.0  10:
 年            7    04   27
 
    
    <08:49> 国債先物は小幅安、日米首脳会談後の共同会見に反応薄
    
    国債先物中心限月6月限は、前営業日比横ばいの150円90銭で寄り付いた。その後は小幅安水準で
推移している。朝方に伝えられた日米首脳会談後の共同記者会見は「サプライズの要素がなかった」(証券
)として、相場への影響は限定的。きょうの20年債入札を控えて様子見ムードが広がっている。現物市場
は閑散。
    
 TRADEWEB                                   
        OFFER     BID       前日比    時間
 2年      -0.156    -0.147     0.002    8:46
 5年      -0.115    -0.107     0.002    8:48
 10年      0.028     0.036     0.001    8:46
 20年      0.496     0.503     0.001    8:48
 30年      0.693     0.701    -0.001    8:46
 40年      0.817     0.827    -0.004    8:48
 
    
    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below