April 26, 2018 / 6:22 AM / 7 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小反発、長期金利0.060%に小幅上昇

    [東京 26日 ロイター] - 
    <15:17> 国債先物は小反発、長期金利0.060%に小幅上昇
    
    長期国債先物は小反発で引けた。前日の海外市場でインフレ懸念などから米債が軟化した流れを引き継
ぎ売りが先行した。後場前半は、海外勢の売りを巻き込み、2月上旬の水準まで下落する場面があったが、
終盤にかけて好需給を反映した短期筋からの買い戻しが優勢となりプラス圏に浮上した。
    
    現物債市場では、金利に上昇圧力がかかった。中長期ゾーンは弱含みとなり2年債利回りは一時昨年1
0月19日以来のマイナス0.125%に上昇した。超長期ゾーンもポジションを調整する売りがみられた
。20年債、30年債の各利回りが3月2日以来の高水準となる場面があった。ただ、国債先物が切り返す
と、いずれのゾーンにも押し目買いが入り、金利の上昇幅が縮小した。
    
    長期国債先物中心限月6月限の大引けは、前営業日比1銭高の150円56銭。10年最長期国債利回
り(長期金利)は前営業日比0.5bp上昇の0.060%。一時0.070%と3月2日以来の高水準を
付けた。
    
    短期金融市場では、無担保コール翌日物はマイナス0.050─マイナス0.086%付近を中心に取
引された。資金の調達意欲は弱い。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートはマイナス0.09
8%とマイナス幅を縮小した。TIBOR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0.085%で横ばい。ユー
ロ円3カ月金利先物は動意薄。
    新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札では、最高落札利回りがマイナス0.1358%に上昇した
。T+1化をにらんだ玉(ぎょく)の確保はある程度済んでいるもようで、需給が緩む方向になった。業者
間取引では、3カ月物の既発債(753回)利回りに上昇圧力がかかった。
    
    
 TRADEWEB                                    
         OFFER    BID       前日比     時間
 2年      -0.137    -0.128      0.004   14:59
 5年      -0.103    -0.096          0   15:02
 10年      0.053      0.06          0   15:03
 20年      0.538     0.545      0.005   15:00
 30年      0.744     0.752      0.005   15:05
 40年      0.865     0.875          0   15:10
 
    <13:48> 超長期・長期債利回りに上昇圧力、3月2日以来の高水準 
    
    超長期・長期債利回りに上昇圧力。10年債、20年債、30年債の各利回りが3月2日以来の高水準
で推移している。市場では「国債先物が海外勢の売りを巻き込み、2月上旬の水準まで下落していることに
連動している。米10年債利回りが3.03%水準と上昇基調になっていることも影響している」(国内金
融機関)との指摘がある。
    
    
 TRADEWEB                                   
          OFFER   BID      前日比    時間
 2年      -0.132   -0.123     0.009    13:32
 5年      -0.092   -0.085     0.008    13:31
 10年      0.063    0.071      0.01    13:36
 20年      0.552    0.559     0.019    13:39
 30年      0.759    0.766     0.019    13:41
 40年      0.886    0.895      0.02    13:39
 
    <12:45> 3カ月物TB入札結果、需給が緩む方向
 
    財務省が午後0時35分に発表した新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回り
はマイナス0.1358%、平均落札利回りはマイナス0.1556%と前回(最高:マイナス0.174
4%、平均:マイナス0.1804%)に比べて上昇した。
    
    市場では「最高落札利回りのマイナス0.13%台は想定外で札が流れた印象。T+1化をにらんだ玉
(ぎょく)の確保はある程度済んでいるもようで、需給が緩む方向になった」(国内金融機関)との見方が
ある。
    
    
 TRADEWEB                                  
        OFFER     BID      前日比   時間
 2年      -0.139    -0.13    0.002    12:42
 5年      -0.092   -0.085    0.008    12:43
 10年      0.062     0.07    0.009    12:42
 20年      0.549    0.556    0.016    12:35
 30年      0.758    0.765    0.018    12:40
 40年      0.882    0.891    0.016    12:42
 
    <11:12> 国債先物が続落、長期金利0.065%に上昇
    
    国債先物は続落で午前の取引を終えた。前日の海外市場でインフレ懸念などから米債が売られた流れを
引き継いだ。ただ、中盤以降は好需給を反映した短期筋からの買い戻しが優勢となり下落幅を縮小した。現
物債市場では、金利に上昇圧力がかかった。中長期ゾーンは先物に連動して軟化。超長期ゾーンもポジショ
ンを調整する売りがみられた。
    
    長期国債先物中心限月6月限の前引けは、前営業日比7銭安の150円48銭。10年最長期国債利回
り(長期金利)は前営業日比1bp上昇の0.065%。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.050─マイナス0.086%付近を中心に取引
された。資金の調達意欲は弱い。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。
    財務省が午後0時35分に発表する3カ月物国庫短期証券入札の結果で、最高落札利回りはマイナス0
.15%台になる見通し。
    
    
 TRADEWEB                                     
         OFFER     BID       前日比   時間
 2年        -0.14    -0.131    0.001     11:00
 5年       -0.097     -0.09    0.003     11:00
 10年       0.062     0.069    0.008     11:00
 20年       0.541     0.549    0.009     10:59
 30年        0.75     0.757     0.01     11:00
 40年       0.875     0.885     0.01     10:59
 
    <10:49> 国債先物が底堅く推移、短期筋の買い戻し
    
    国債先物が底堅く推移している。前日の米債安を受けて売り先行で始まったが、「寄り安後は、好需給
を反映した短期筋からの買い戻しが優勢になっている。株価次第ではさらに下落幅を縮小する可能性がある
」(国内証券)という。
    10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比1bp高い0.065%で推移しているが、「先物
の戻りが鮮明となれば、押し目買いが入ることで金利の上昇幅が縮小しそうだ」(同)との見方がある。
    
    
 TRADEWEB                                             
            OFFER      BID       前日比      時間
 2年           -0.139    -0.131       0.001      10:45
 5年           -0.097     -0.09       0.003       9:59
 10年           0.061     0.069       0.008      10:47
 20年           0.542     0.549       0.009      10:47
 30年           0.752     0.759       0.012      10:11
 40年           0.874     0.884       0.009      10:47
 
    <09:02> 国債先物が続落で寄り付く、長期金利は3日ぶりの0.065%
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比14銭安の150円41銭と続落して取引が始まった。前日の海
外市場でインフレ懸念などから米債が売られた流れを引き継いだ。安寄り後は150円40銭台半ばまで下
げ幅を縮小している。
    現物市場では、10年最長期国債利回り(長期金利)は同1bp高い0.065%、30年債利回りが
同1bp高い0.750%と23日以来の水準に上昇した。
    
    市場では「外部環境の悪化を受け、10年債と30年債の利回りは、押し目買いが観測された23日の
水準に上昇した。この水準で利回り上昇が止まるかどうか見極めたい」(証券)との声が出ている。
    
 TRADEWEB                              
       OFFER   BID     前日比   時間
 2年    -0.14  -0.131    0.001     9:00
 5年   -0.096  -0.089    0.004     9:02
 10年   0.057   0.065    0.004     9:02
 20年   0.542   0.549    0.009     8:52
 30年   0.747   0.754    0.007     8:50
 40年   0.867    0.88    0.005     9:01
 
    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below