August 24, 2018 / 2:11 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小反落、長期金利0.095%に上昇

    [東京 24日 ロイター] - 
    <11:09> 国債先物は小反落、長期金利0.095%に上昇
    
    国債先物は小反落で午前の取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の講演を控え、
動き難い市場参加者が増えた。現物債市場は小動き。一部でオファー減額が警戒されていた日銀オペでは、
買入予定額がいずれも前回から据え置かれた。
    
    長期国債先物中心限月9月限の前引けは、前営業日比2銭安の150円44銭。10年最長期国債利回
り(長期金利)は前営業日比0.5bp上昇の0.095%。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.040─マイナス0.075%付近を中心に取引
された。週末要因で、資金調達意欲がやや強まっている。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。
    財務省が午後0時半に発表する3カ月物国庫短期証券(TB)の入札では、最高落札利回りはマイナス
0.15%台になると予想されている。
    
    
 TRADEWEB                                           
            OFFER       BID        前日比     時間
 2年            -0.127     -0.117      0.001   11:00
 5年            -0.083     -0.076      0.004   11:00
 10年            0.092        0.1      0.006   11:01
 20年            0.605      0.615          0   10:50
 30年            0.832      0.843          0   11:00
 40年             0.97      0.983          0   11:00
 
    <10:18> 日銀が中期・長期の国債買入を通告、金額は据え置き
    
    日銀は午前10時10分、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年超3年以下」(買入予定額25
00億円)、「残存3年超5年以下」(同3000億円)、「残存5年超10年以下」(同4000億円)
。買入予定額はいずれも前回から据え置かれた。
    
    一部でオファー減額が警戒されていたが、据え置かれたことで、円債市場は底堅く推移している。
    
    
 TRADEWEB                                        
           OFFER     BID       前日比    時間
 2年         -0.127    -0.117     0.001     10:16
 5年         -0.084    -0.076     0.004     10:17
 10年         0.092       0.1     0.006     10:13
 20年         0.605     0.615         0     10:17
 30年         0.833     0.843         0     10:14
 40年         0.972     0.983         0     10:15
 
    <09:52> 19年度国債費、3年ぶり増額要求へ 市場への影響限定的との見方
    
    財務省は、2019年度一般会計予算の概算要求で、借金の返済に充てる国債費を24兆円台半ばとす
る方向で調整に入った。複数の政府筋が明らかにした。16年度以来3年ぶりの増額要求で、北朝鮮情勢に
対応する防衛費と併せ、歳出の押し上げ要因となる。国債費のうち、利払いにかかる想定金利は1.2%と
、要求段階での最低水準に据え置いた。

    市場では「日銀の異次元緩和導入以降、国債利回りの水準が下がってきたため、想定金利を下げると、
利払い費が抑えられてきた。足元の日銀の政策修正で長期金利が下がりにくくなり、想定金利を今年度と同
率にすると、償還ルールに基づく定率繰り入れの増加もあり、国債費は増える」(国内証券)と冷静に受け
止めている。
    マーケットへの影響については「国債費の増加額が極端に増えることはなく、前倒し発行額が極めて大
きな金額になっているので、市場への影響は限られるのではないか。日銀の買い入れが増える可能性も否定
できない」(同)という。
    
 TRADEWEB                                          
           OFFER     BID         前日比      時間
 2年         -0.126      -0.117       0.001    9:46
 5年         -0.086      -0.079       0.001    9:43
 10年         0.087       0.095       0.001    9:17
 20年         0.603       0.612           0    9:34
 30年         0.829        0.84       -0.01    9:39
 40年         0.973       0.984       0.001    9:48
 
    <08:56> 国債先物が小反落スタート、パウエル議長の講演控え動き難い
 
    国債先物中心限月9月限は前営業日比2銭安の150円44銭と小反落して寄り付いた。前日の米債市
場と同様に米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の講演を控え、「動き難い立ち上がりとなった。一
部でオファー減額が警戒されている日銀オペの通告内容を確認するまでは、前日対比でほぼ横ばい圏で推移
しそうだ」(国内証券)という。
    
    総務省によると、7月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は100.9となり、前
年同月比0.8%上昇した。ロイターがまとめた民間予測のプラス0.9%を下回ったが、相場への影響は
限られている。
    
 TRADEWEB                                            
          OFFER       BID         前日比       時間
 2年          -0.127      -0.117        0.001    8:50
 5年          -0.086      -0.079        0.001    8:54
 10年          0.092       0.099        0.005    8:54
 20年          0.605       0.614            0    8:54
 30年          0.834       0.842        -0.01    8:54
 40年          0.974       0.984        0.001    8:53
 
    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below