September 11, 2018 / 3:52 AM / 8 days ago

〔マーケットアイ〕金利:30年債入札結果発表を午後1時に遅延、入札事務に支障

    [東京 11日 ロイター] - 
   <12:45> 30年債入札結果発表を午後1時に遅延、入札事務に支障
    
    財務省は、午後0時35分に予定していた30年債入札結果の発表を午後1時に遅延することを明らか
にした。入札事務に支障が生じているため。
    入札結果発表遅延による相場への影響は「ほとんど出ていない」(外資系証券)という。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.11  -0.1  0.00  12:
 年      6    07     1   45
 5   -0.07  -0.0  0.00  12:
 年      2    65     1   44
 10  0.105  0.11  -0.0  12:
 年            2    02   45
 20  0.606  0.61  -0.0  12:
 年            5    02   45
 30  0.834  0.84  -0.0  12:
 年            5    03   39
 40  0.962  0.97  -0.0  12:
 年            3    09   44
 
    
    
    <11:15> 国債先物は横ばいで前引け、新発10年債は取引成立せず
    
    国債先物中心限月12月限は前日比横ばいの150円24銭で午前の取引を終えた。前日の米債市場は
横ばい圏の動きだったが、朝方から先物限月交代に絡む持ち高調整の取引に加えて、きょうの30年債入札
結果を見極めたいとして様子見ムードが広がり、前日終値を挟んで方向感に欠く値動きとなった。 なお、
国債先物は朝方の取引で、期先12月限が出来高ベースで期近9月限を上回り、中心限月は18年9月限か
ら18年12月限に事実上移行した。
    
    現物市場は閑散。新発10年351回債は取引が成立しなかった。また、30年債利回りは同0.5b
p低い0.840%、40年債利回りは同0.5bp低い0.975%に小幅低下。「入札前に先回り的な
買いが超長期に入ったのではないか」(証券)との声があった。

    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.03─マイナス0.075%を中心に取引
された。準備預金の積み最終週を迎えて一部金融機関から資金調達意欲がややしっかりと示されているが、
取引レンジは前日と大きく変わっていない。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.11  -0.1     0  11:
 年      7    08         02
 5   -0.07  -0.0  0.00  11:
 年      1    63     3   01
 10  0.107  0.11     0  11:
 年            4         01
 20  0.608  0.61  0.00  11:
 年            8     1   01
 30  0.834  0.84  -0.0  11:
 年            5    03   01
 40  0.968  0.97  -0.0  11:
 年            9    03   00
 
    
    <10:30> 財務省が30年債入札を通告、日銀オペ不透明で慎重ムードも
    
    財務省は午前10時半、30年債入札を通告した。利率0.7%で7月(第59回)債のリオープン発
行で、発行額は7000億円程度。
    30年債は相対的に高い利回りが確保されており、9月国債大量償還対応などで一定の買い需要が期待
されている。一方で日銀の国債買入弾力化の方針に伴い、減額の思惑がくすぶっているため、積極的に応札
しにくい状況。「9月は20日に20年債、26日に40年債と超長期債の入札が相次ぐこともあり、投資
家が買い急ぐこともないのではないか。業者は必要分以上の額については、やや流し気味に応札する可能性
も否定できない」(国内金融機関)として、慎重ムードもくすぶっている。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.11  -0.1     0  8:5
 年      7    08          5
 5   -0.07  -0.0  0.00  10:
 年      2    64     2   30
 10  0.108  0.11  0.00  10:
 年            5     1   30
 20  0.608  0.61     0  10:
 年            7         07
 30  0.837  0.84  -0.0  10:
 年            7    01   21
 40  0.968  0.97  -0.0  10:
 年            8    04   29
 
       
    <09:08> 国債先物が小反発で寄り付く、中心限月は12月限に移行
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比1銭高の150円25銭と小反発して寄り付いた。前日の米債
市場は横ばい圏の動きだったが、きょうの30年債入札が無難な結果になるとの見方から買い戻しが入った
。朝方の現物取引では目立った出合いは観測されていないが、「超長期ゾーンを中心に気配がしっかりとし
ている」(証券)という。
    
    国債先物は朝方の取引で、期先12月限が出来高ベースで期近9月限を上回り、中心限月は18年9月
限から18年12月限に事実上移行した。市場では「9月限の最終売買日を12日に控えているがが、限月
交代に絡む持ち高調整は波乱なく進んでいるようだ」(同)との声が出ている。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.11  -0.1     0  8:5
 年      7    08          5
 5   -0.07  -0.0  0.00  9:0
 年      1    64     2    4
 10  0.106  0.11     0  8:5
 年            4          4
 20  0.608  0.61     0  8:5
 年            7          5
 30  0.837  0.84  -0.0  8:5
 年            7    01    4
 40  0.968  0.97  -0.0  9:0
 年            8    04    8
 
    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below