October 15, 2018 / 4:16 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕金利:18年度1次補正予算、カレンダーベースの国債発行額変更ないとの見方

    [東京 15日 ロイター] - 
    <13:08> 18年度1次補正予算、カレンダーベースの国債発行額変更ないとの見方
    
    安倍晋三首相は15日の政府与党政策懇談会で、豪雨・台風などの自然災害が相次ぐ現状を踏まえ、追
加歳出9400億円程度の2018年度第1次補正予算案を編成する考えを示した。15日の臨時閣議で2
018年度第1次補正予算案を決定する。
    
    市場では、財源は建設国債と前年度余剰金を充てることになり、「建設国債に関しては、翌年度借換債
の前倒し発行分の減額で賄うことになるだろう。カレンダーベースの国債発行額は変更がない見込み」(国
内証券)という。
    
    
 TRADEWEB                                      
         OFFER     BID        前日比     時間
 2年       -0.122     -0.113          0   12:57
 5年       -0.071     -0.063     -0.001   13:04
 10年       0.136      0.144     -0.005   13:04
 20年       0.666      0.675          0   13:03
 30年       0.902      0.911     -0.001   10:44
 40年        1.08       1.09     -0.002   13:04
 
    <11:08> 国債先物は反発、長期金利0.140%に小幅低下
    
    国債先物は反発で午前の取引を終えた。ムニューシン米財務長官が通貨安誘導を防ぐための為替条項を
日本との新通商協議で求めていくとの見解を示したことが影響して、リスク回避となった。現物債市場では
、先物に連動して長期ゾーンの金利が小幅低下したが、他のゾーンは横ばいで推移した。
    
    安倍晋三首相は15日の臨時閣議で、2019年10月の消費税率10%への引き上げについて、予定
通り実施する考えを表明する。増税に伴って景気が腰折れするのを防ぐため、税負担軽減など対策も指示す
る見通し。市場では、既定路線であり、増税表明にサプライズはないとの見方がある。2018年度1次補
正予算案も閣議決定する。
    
    長期国債先物中心限月12月限の前引けは、前営業日比6銭高の150円18銭。10年最長期国債利
回り(長期金利)は前営業日比0.5bp低下の0.140%。
    
    午前の短期金融市場で無担保コール翌日物はマイナス0.010─マイナス0.055%を中心に取引
された。準備預金の積み最終日を迎えて、資金調達意欲がしっかりと示された。ユーロ円3カ月金利先物は
小動き。
    
    
 TRADEWEB                                         
          OFFER     BID         前日比     時間
 2年        -0.122      -0.114     -0.001    11:01
 5年        -0.072      -0.065     -0.003    11:01
 10年        0.136       0.144     -0.005    10:59
 20年        0.665       0.674     -0.001    11:01
 30年        0.902       0.911     -0.001    10:44
 40年         1.08       1.091     -0.001    11:01
 
    <10:30> 国債先物が上昇幅を拡大、円高・株安で買い優勢
    
    国債先物は買い優勢で上昇幅を広げている。中心限月12月限は一時前営業日比8銭高の150円20
銭まで上昇した。ムニューシン米財務長官が通貨安誘導を防ぐための為替条項を日本との新通商協議で求め
ていくとの見解を示したことが影響して、円高・株安となっていることが影響している。
    ただ、「日経平均株価が下落幅を縮小し始めているため、国債先物を上値を積極的に買い進む動きにな
っていない」(国内証券)という。
    
 TRADEWEB                                      
          OFFER    BID       前日比    時間
 2年       -0.121    -0.113         0     10:24
 5年       -0.072    -0.064    -0.002     10:25
 10年       0.136     0.144    -0.005     10:23
 20年       0.667     0.675         0     10:25
 30年       0.902     0.911    -0.001     10:23
 40年       1.079      1.09    -0.002     10:24
 
    <08:55> 国債先物が小反発スタート、米財務長官の為替条項発言の影響注視
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比1銭高の150円13銭と小反発して寄り付いた。前週末の米
債金利が上昇した流れを引き継ぐとみられていたが、「円債市場は前週末に調整をほぼ終えていたようだ」
(国内証券)という。
    ムニューシン米財務長官が通貨安誘導を防ぐための為替条項を日本との新通商協議で求めていくとの見
解を示したことが、どのようにマーケットに影響を与えるか注目されている。「リスク回避につながる可能
性があり、円債市場は底堅い展開も想定できる」(同)との見方がある。
    10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比横ばいの0.145%での寄り付き。
    
    
 TRADEWEB                                       
         OFFER      BID        前日比    時間
 2年        -0.123     -0.111     0.002     8:50
 5年        -0.071     -0.063    -0.001     8:49
 10年        0.139      0.148    -0.001     8:49
 20年        0.664      0.675         0     8:50
 30年        0.901      0.911    -0.001     8:50
 40年        1.084      1.095     0.003     8:50
 
    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below