October 22, 2018 / 6:18 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小反落、指標10年352回債は取引不成立

    [東京 22日 ロイター] - 
    <15:11> 国債先物は小反落、指標10年352回債は取引不成立
    
    長期国債先物は小反落で引けた。朝方に強含む場面があったが、下落していた日経平均株価がプラス圏
に浮上すると、戻り売りに押された。
    
    現物市場は閑散。日銀の国債買い入れ見直しの思惑が浮上する中、日銀が23日に開催する「市場調節
に関する懇談会」を控えて、見送りムードが広がった。午前の取引では、2年、5年、10年、20年、3
0年、40年の主要な新発債の取引が成立しなかった。午後の取引でも超長期ゾーンがわずかに動意付いた
程度で、投資家の動きは鈍かった。
    
    長期国債先物中心限月12月限の大引けは、前営業日比3銭安の150円19銭。指標10年352回
債は取引が成立しなかった。
    
    短期金融市場では、無担保コール翌日物はマイナス0.030─マイナス0.086%を中心に取引さ
れた。中心レンジはややワイドになった。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートはマイナス0
.134%、ユーロ円TIBOR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0.050%といずれも横ばい。ユー
ロ円3カ月金利先物は小動き。
    
    
        OFFER     BID        前日比     時間
 2年      -0.121     -0.114      0.002    15:07
 5年      -0.061     -0.053      0.001    15:02
 10年      0.143      0.151      0.002    15:08
 20年      0.684      0.692      0.007    15:09
 30年      0.912      0.921      0.006    15:09
 40年      1.079      1.088      0.001    15:06
 
    <14:47> 20年債利回りに上昇圧力、あすの日銀懇談会控え売り優勢
    
    20年債利回りに上昇圧力がかかっている。利回りは前営業日比1bp上昇の0.690%と節目の0
.7%が視野に入ってきている。「23日に開催される日銀のオペ参加者懇談会で今後のオペの運営方針に
ついて何らかの修正が示唆されるとの観測があり、売りが優勢になっている」(国内証券)という。イール
ドカーブはベア・スティープ化する可能性が高まっている。
    
    日銀は22日、金融システムの現状と展望をまとめた「金融システムリポート」を公表した。全体とし
て日本の金融システムは安定性を維持しているとしたが、金融面の拡張は長い目でみて経済に負のショック
が発生した際に下押し圧力を強める可能性があるとした。材料視されるまでに至っていない。
    
    白川方明前日銀総裁は22日、都内で講演し、「日本経済が直面している問題の答えは金融政策にはな
い」「出口の議論は財政の持続可能性であり、日本全体として持続可能性にしっかりと取り組むことが最大
の出口戦略」などと発言してたが、相場への影響はみられていない。
    
   
        OFFER     BID        前日比     時間
 2年      -0.122     -0.114      0.002   14:45
 5年      -0.062     -0.054          0   14:41
 10年      0.143      0.151      0.002   14:42
 20年      0.683      0.691      0.006   14:41
 30年      0.912      0.921      0.006   13:42
 40年      1.079      1.088      0.001   14:41
 
    <12:58> 国債先物が弱含み、23日の日銀懇談会控えて様子見
    
    国債先物は弱含み。中心限月12月限は前営業日比4銭安の150円18銭に下落した。日経平均株価
がプラス転換したことに加えて、日銀が23日に開催する「市場調節に関する懇談会」で、国債買い入れ運
営の見直しについて何らかの言及があるのではないかとの警戒感から、売りが出た。
    市場では「朝方から出合い難だった現物市場は午後に入り、超長期などで一部取引が観測されているが
、様子見ムードが強い。23日の懇談会、30─31日の金融政策決定会合、31日発表の11月国債買入
方針を確認してから買いに動いても遅くはないとの心理が投資家に働いているのだろう」(証券)との見方
が出ている。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.12  -0.1  0.00  12:
 年      2    14     2   58
 5   -0.06  -0.0     0  12:
 年      2    54         47
 10  0.143  0.15  0.00  12:
 年            1     2   47
 20  0.684  0.69  0.00  12:
 年            2     7   58
 30  0.913  0.92  0.00  12:
 年            2     7   58
 40  1.079  1.08  0.00  12:
 年            9     2   52
 
    
    <11:12> 国債先物が小反落で前引け、主要新発債は取引成立せず
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比2銭安の150円20銭と小反落して午前の取引を終えた。朝
方に強含む場面があったが、買い進む動きは見られずに前営業日終値付近で方向感に欠く動きとなった。日
銀の国債買い入れ見直しの思惑が浮上する中、日銀が23日に開催する「市場調節に関する懇談会」を控え
て、見送りムードが広がった。現物市場は動意薄。2年、5年、10年、20年、30年、40年の主要な
新発債は取引が成立しなかった。
    
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.030─マイナス0.086%を中心に取
引された。ややワイドなレンジで取引され、加重平均レートは前週末(マイナス0.068%)並みか前日
をやや下回って推移しているもよう。ユーロ円3カ月金利先物は閑散小動き。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.12  -0.1  0.00  11:
 年      5    14     2   01
 5   -0.06  -0.0     0  11:
 年      2    54         01
 10  0.143  0.15  0.00  11:
 年            2     3   01
 20  0.682  0.69  0.00  11:
 年                  5   00
 30  0.909  0.92  0.00  11:
 年                  5   01
 40  1.076  1.08  -0.0  11:
 年            6    01   00
 
    
    <08:58> 国債先物が小反発で寄り付く、海外発リスクオフ材料を意識
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比1銭高の150円23銭と小反発で寄り付いた。ただ、上値は
重く、前週末終値を挟んで方向感に欠く動きとなっている。
    
    市場では、「前週末の米債安を受けて売りが先行するとみられていたが、底堅く取引が始まった。欧州
や中国、サウジアラビアなど海外でリスクオフの材料を抱えており、下値を売れなくなっている。日銀の国
債買い入れ見直しの思惑が浮上する中、日銀があすに開催する市場調節に関する懇談会を控えて、きょうは
動きにくいだろう」(証券)との声が出ている。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.12  -0.1  0.00  8:4
 年      5    14     2    9
 5   -0.06  -0.0  -0.0  8:4
 年      4    55    01    9
 10  0.143  0.15  0.00  8:5
 年            1     2    7
 20   0.68  0.68  0.00  8:5
 年            9     4    5
 30  0.906  0.91  0.00  8:5
 年            7     2    8
 40  1.074  1.08  -0.0  8:5
 年            5    02    8
 
    

    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below