February 19, 2019 / 4:56 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が底堅い、追加緩和手段に決めて欠くとの声も

    [東京 19日 ロイター] - 
    <13:50> 国債先物が底堅い、追加緩和手段に決めて欠くとの声も
    
    国債先物は底堅い。中心限月3月限は前日比1銭高の152円88銭と小幅高まで買われる場面があっ
た。黒田東彦日銀総裁が19日、衆院財務金融委員会で物価安定目標の実現に必要なら追加緩和を検討する
と発言をしたことが買い手掛かり。
    
    市場では、日銀総裁発言について、「時間的に円安・株高で反応した。追加緩和の副作用を踏まえると
、国債やETFのさらなる買い増しに慎重な見方が少なくない。結局、フォワードガイダンスなどしか思い
浮かばず、日銀は追加緩和で有効な手段を打てず、何もできないのではないか」(外資系証券)との声が出
ている。
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.18  -0.1     0  13:
 年           73         07
 5   -0.17  -0.1  0.00  13:
 年      5    68     2   01
 10  -0.03  -0.0     0  13:
 年           23         49
 20  0.409  0.41  0.00  13:
 年            7     1   49
 30  0.583  0.59  -0.0  13:
 年            3    02   49
 40   0.66  0.67  -0.0  13:
 年                 02   41
 
    <12:50> 20年債入札結果は無難、好需給で持たざるリスク
    
    財務省が午後0時35分に発表した20年利付国債入札の結果は、最低落札価格が101円40銭(最
高落札利回り0.423%)、平均落札価格は101円47銭(平均落札利回り0.419%)で、落札価
格の平均と最低の開き(テール)は7銭と前回(4銭)から拡大した。応札倍率は4.66倍と前回(4.
57倍)を上回った。
    
    市場では、入札結果について、「無難との評価。20年債利回りは事前調整を経て、0.420─0.
425%の水準に上昇した。年度末に向けて、残高確保の動きからフラット化がかかりやすいことを踏まえ
ると、持たざるリスクも意識されたのだろう」(メリルリンチ日本証券・チーフ金利ストラテジストの大崎
秀一氏)との声が出ている。
    国債先物は下げ幅縮小。中心限月3月限は前日比2銭安の152円85銭まで水準を戻した。
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.17  -0.1  0.00  12:
 年      9    71     2   50
 5   -0.17  -0.1  0.00  12:
 年      5    68     2   41
 10  -0.02  -0.0  0.00  12:
 年      5    19     4   50
 20  0.414  0.42  0.00  12:
 年            1     5   41
 30  0.588  0.59  0.00  12:
 年            7     2   41
 40  0.667  0.67  0.00  12:
 年            6     4   43
 
    
    <12:36> 1年物TB入札結果は無難、入札前取引の水準を反映
    
    財務省が午後0時30分に発表した新発1年物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りは
マイナス0.1886%、平均落札利回りはマイナス0.1906%と前回(最高:マイナス0.1741
%、平均:マイナス0.1781%)に比べて低下した。
    
    市場では「入札前取引の水準からみて非常に落ち着いた結果となった」(国内金融機関)との声が出て
いる。
 TRADEWEB                 
     OFFER  BID   前   時
                  日   間
                  比   
 2   -0.17  -0.1  0.0  12:
 年      6    69   04   33
 5   -0.17  -0.1  0.0  12:
 年      3    65   05   35
 10  -0.02  -0.0  0.0  12:
 年      3    16   07   34
 20  0.416  0.42  0.0  12:
 年            4   08   35
 30  0.592  0.60  0.0  11:
 年            2   07   00
 40  0.669  0.67  0.0  12:
 年            9   07   34
   
    
    <11:11> 国債先物は反落で引け、長期金利-0.020%に上昇 入札前のポジション調整
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比5銭安の152円82銭と反落で午前の取引を終えた。前日の米
国市場が休場となり、外部環境に手掛かり材料が乏しい中、20年債入札を前にしたポジション調整が重し
となった。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp高いマイナス0.020%に上昇した。
    
    20年債入札に対しては年度末に向けた投資家需要を反映し、無難な結果になるとの見方が出ていた。
現物市場は閑散。総じて利回りは低下し、20年債利回りは同1bp高い0.425%に上昇した。
    
    中国商務省は19日、劉鶴副首相が米国との通商協議を継続するため、21─22日にワシントンを訪
問すると発表した。劉副首相はムニューシン米財務長官とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と
協議を行う見通し。「米中通商協議のニュースが伝わったが、どちらかといえば20年債入札に向けたポジ
ション調整が主体となった印象」(証券)との声が聞かれた。
    
    午前の短期金融市場で無担保コール翌日物はマイナス0.03─マイナス0.086%を中心に取引さ
れた。準備預金の積み明けの地合いを引き継ぎ、金融機関の資金調達意欲は引き続き低調。レンジに大きな
変化はみられず、加重平均レートも前営業日(マイナス0.063%)と比べ横ばい圏で推移しているもよ
う。ユーロ円3カ月金利先物は小幅高。
    
    財務省が午後0時半に発表する1年物国庫短期証券の入札では、最高落札利回りはマイナス0.18%
─マイナス0.19%付近になると予想されている。
 TRADEWEB                 
     OFFER  BID   前   時
                  日   間
                  比   
 2   -0.17  -0.1  0.0  9:5
 年      6    69   04    7
 5   -0.17  -0.1  0.0  11:
 年      5    67   03   00
 10  -0.02  -0.0  0.0  11:
 年      4    17   06   00
 20  0.418  0.42  0.0  11:
 年            6    1   00
 30  0.592  0.60  0.0  11:
 年            2   07   00
 40  0.672  0.68  0.0  11:
 年            1   09   02
 
    
    <10:31> 財務省が20年債入札を通告、順調な結果でも上値追い限定的か
    
    財務省は午前10時半、20年債入札を通告した。利率0.5%、第167回債のリオープン発行にな
る。発行予定額は1兆円。
    
    入札は無難な結果が見込まれている。現物市場で20年債利回りの前日引け値は0.415%。前回入
札の落札利回り(平均:0.467%)を下回っている。利回り水準としての妙味は乏しいが、年度末に向
けた残高確保の需要に支えられる見通し。一方で、「入札自体は淡々とこなす形となりそうだが、20年債
利回りが0.4%を下回り、さらに買い進まれるような動きも見込みにくい」(証券)との声も聞かれる。
    
    日銀は12日、「残存10年超25年以下」を対象とした国債買い入れオペのオファー額を減額した。
今後リスクオンムードが広がった局面では、日銀オペの買入予定額の変化に注目が集まるとみられている。
高値警戒感もくすぶっており、入札が順調な結果となったとしても、上値追いは限定的になるとの見方も出
ている。
 TRADEWEB                 
     OFFER  BID   前   時
                  日   間
                  比   
 2   -0.17  -0.1  0.0  9:5
 年      6    69   04    7
 5   -0.17  -0.1  0.0  10:
 年      4    68   02   04
 10  -0.02  -0.0  0.0  10:
 年      4    18   05   30
 20  0.418  0.42  0.0  10:
 年            5   09   09
 30  0.592  0.60  0.0  10:
 年            2   07   17
 40  0.672  0.68  0.0  10:
 年            1   09   13
 
    
    
    
    <08:57> 国債先物が小反落で寄り付く、20年債入札など見極め
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比1銭安の152円86銭と小反落で寄り付いた。前日の米国市場
は休場だったが、国債先物は夜間取引で下落しており、この流れを引き継ぐ形で売りが先行した。きょう予
定される20年債入札に対しては、年度末に向けた残高確保の需要などを背景に無難に通過するとの見方が
多い。一方で「上を買う材料も特にない。20日には1月米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が公
表されることもあり、イベント待ちの状況」(証券)との声が聞かれた。
 TRADEWEB                 
     OFFER  BID   前   時
                  日   間
                  比   
 2   -0.17  -0.1  0.0  8:5
 年      8     7   03    0
 5   -0.17  -0.1  0.0  8:4
 年      6    68   02    5
 10  -0.02  -0.0  0.0  8:5
 年      7     2   03    3
 20  0.413  0.42  0.0  8:5
 年                04    0
 30  0.588  0.59  0.0  8:5
 年            9   04    3
 40  0.664  0.67  0.0  8:5
 年            4   02    3
    
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below