February 25, 2019 / 4:21 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小幅安維持、3月日銀オペ買入予定額の据え置き織り込みへ

    [東京 25日 ロイター] - 
    <13:08> 国債先物は小幅安維持、3月日銀オペ買入予定額の据え置き織り込みへ
    
    国債先物は小幅安維持。中心限月3月限は152円88銭(前営業日比2銭安)で推移しており、下値
の堅い動きを続けている。年度末に向けた残高確保の需要が相場の下支え要因となっている。
    
    こうした中、日銀の黒田東彦総裁が朝日新聞のインタビューで、物価2%目標に向けた勢いが失われれ
ば「当然、追加緩和策を検討することになる」と語った。追加緩和策については長短金利水準の引き下げや
マネタリーベースの増加テンポの加速などを挙げ、複数の手段を組み合わせる考えも示している。
    
    市場では「欧米中銀がハト派化の姿勢を見せる中、日銀だけが引き締めに動くことは難しいだろう」(
国内金融機関)との見方が出ている。
    
    28日夕には3月の日銀国債買い入れオペの方針が示される予定。オファー額の減額が示唆されるかが
市場の注目点の1つとなっている。「今の段階では減額の示唆はなさそうだ。米中通商協議や米国景気を巡
る不透明感がはく落し、外部環境が落ち着いたと明確に判断できる状況になることが条件となる」(同)と
いう。
 TRADEWEB                                 
        OFFER    BID     前日比  時間
 2年     -0.181  -0.172   0.003      13:05
 5年     -0.178  -0.168   0.005      13:05
 10年    -0.043  -0.034   0.004      13:06
 20年     0.395   0.407   0.006      13:06
 30年     0.572   0.581   0.005      13:06
 40年     0.643   0.654   0.004      13:06
 
    
    <11:07> 国債先物が小幅安、長期金利は-0.040%に上昇、高値警戒感で売り
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比3銭安の152円87銭と小幅安で午前の取引を終えた。前週末
の米債高を受けて強含んで取引が始まったが、高値警戒感が浮上する中、上値を買い進む動きは見られずに
軟化した。日経平均株価が堅調に推移しているが、「期末に向けた好需給が意識されており、金利の上がり
にくさが意識されている」(証券)という。
    トランプ米大統領は24日、週末の米中通商協議で「大きな進展」があったとし、中国製品に対する関
税の引き上げを延期すると表明した。市場では、「問題の先送りに過ぎず、具体的な合意内容が明らかにな
るまで、積極的な売買材料になりにくい」(証券)との見方が出ている。
    現物市場は閑散。26日に流動性供給入札(残存15.5年超39年未満)を控えて、長期・超長期ゾ
ーンを中心に軟調。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp高いマイナス0.040%に小幅
上昇した。
    
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.025─マイナス0.085%を中心に取
引された。週末要因の剥落で、前週末に比べて金融機関の資金調達意欲は弱い。ユーロ円3カ月金利先物は
動意薄。
 TRADEWEB                               
       OFFER    BID     前日比   時間
 2年    -0.183   -0.17    0.005    11:00
 5年    -0.178  -0.168    0.005    11:00
 10年   -0.044  -0.034    0.004    11:00
 20年    0.395   0.408    0.007    11:01
 30年    0.572   0.581    0.005    10:59
 40年    0.642   0.654    0.004    11:00
 
    
    <09:05> 国債先物が小幅安、米大統領が対中関税引き上げ延期
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比1銭高の152円91銭と上昇して寄り付いた。前日の海外市場
で、米債が上昇した流れを引き継いで買いが先行したが、高値警戒感が意識される中、上値を買い進む動き
は見られず、その後は小幅安に水準を切り下げた。
    
    トランプ米大統領は24日、週末の米中通商協議で「大きな進展」があったとし、中国製品に対する関
税の引き上げを延期すると表明した。 市場では、「対中関税引き上げ延期は、債券の上値を重くするかも
しれないが、予想されたこと。相場への影響は限られるだろう」(証券)との声が出ている。
    
 TRADEWEB                                   
       OFFER    BID       前日比   時間
 2年    -0.182    -0.173    0.002       9:00
 5年    -0.182    -0.172    0.001       9:04
 10年   -0.047    -0.037    0.001       9:03
 20年    0.394     0.404    0.003       8:56
 30年    0.571     0.583    0.007       9:05
 40年    0.641     0.652    0.002       9:03
 
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below