March 1, 2019 / 5:43 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が軟調、円安・株高で日銀減額リスクを意識

    [東京 1日 ロイター] - 
    <14:35> 国債先物が軟調、円安・株高で日銀減額リスクを意識
    
    国債先物が軟調。日経平均株価が堅調に推移する中、来週は5日に10年債、7日に
30年債と国債入札が相次ぐことから、積極的な取引が手控えられている。日銀が昨夕に
公表した3月国債買い入れ方針で、「残存5年超10年以下」が月間ベースで事実上の減
額になる可能性が高いことも、売りを誘う要因となっている。
    
    市場では、日銀が6日に予定している「5年超10年以下」の買い入れでオファー額
を確認したいとする参加者が多い。「10年債入札が買い入れ前日に予定されていること
が市場心理を慎重にさせている。円安・株高の流れが続いているが、4月以降、主要年限
の国債発行額が減るため、他の年限区分でも、日銀減額がいつあっても不思議ではない」
(国内金融機関)との声もある。
    
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.15  -0.1  0.00  14:
 年      1    44     3   34
 5   -0.15  -0.1  0.00  14:
 年      7    48     6   34
 10  -0.02  -0.0  0.01  14:
 年      2    12     1   33
 20  0.428  0.43  0.01  14:
 年            4     4   23
 30  0.614  0.62  0.01  14:
 年                  5   34
 40  0.689  0.69  0.02  14:
 年            9         33
 
   
    <12:38> 3カ月物TB入札結果は低調、担保需要が一服
    
    財務省が午後0時半に発表した新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最
高落札利回りはマイナス0.1489%、平均落札利回りはマイナス0.1623%と、
前回(最高:マイナス2065%、平均:マイナス0.2207%)に比べて上昇した。
    市場では「3月期末や10連休に絡んだ担保需要が一服。日銀買い入れが抑制気味だ
ったことで、需給の緩みが意識されたのだろう」(国内金融機関)として、低調な結果と
受け止められている。
 TRADEWEB                  
     OFFER  BID   前日  時
                  比    間
 2   -0.15  -0.1  0.00  12:
 年           43     4   32
 5   -0.15  -0.1  0.00  12:
 年      7    47     7   32
 10  -0.02  -0.0  0.01  12:
 年      2    12     1   37
 20  0.429  0.43  0.01  12:
 年            6     6   37
 30  0.613  0.62  0.01  12:
 年            1     6   30
 40  0.691  0.70  0.02  12:
 年            4     5   37
 

    <11:09> 国債先物が続落で前引け、長期金利は一時-0.010%に上昇 日銀3
月買入方針で売り
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比7銭安の152円67銭となり、続落した。日
銀の3月国債買い入れ方針を受け、買い入れ額が減額され需給が緩むとの見方が広がった
。前日の米国債が下落したことも重しとなり、寄り付き後に152円57銭(前日比17
銭安)まで下落したが、売り一巡後は下げ渋る展開だった。10年最長期国債利回り(長
期金利)は一時、同2bp高いマイナス0.010%に上昇した。
    
    20年債利回りは一時0.445%、30年債利回りは一時0.635%に上昇。1
月31日以来、1カ月ぶりの水準まで戻した。3月の日銀の国債買い入れ方針で、「残存
5年超10年以下」の1回当たりオファー額のレンジ上限額が2月分から引き上げられた
一方、オファー回数は1回減らされ4回となった。「サプライズとみる向きもある。5日
の10年債入札とともに、6日に日銀が買い入れを予定する『残存5年超10年以下』の
実際のオファー額を見極めたいところ」(証券)との声が聞かれた。
    
    午前の短期金融市場で短期金融市場で無担保コール翌日物はマイナス0.02─マイ
ナス0.08%を中心に取引された。レポ(現金担保付債券貸借取引)のレート上昇を受
け、資金調達の一部主体がコールに流れる状況が続き、加重平均レートは前日(マイナス
0.054%)をやや上回って推移しているもよう。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。
    
    財務省が午後に発表する新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果については、
最高落札利回りがマイナス0.16%台になるとみられている。
 TRADEWEB                 
     OFFER  BID   前   時
                  日   間
                  比   
 2   -0.15  -0.1  0.0  10:
 年      2    45   02   57
 5   -0.15  -0.1  0.0  11:
 年      7    48   06   01
 10  -0.02  -0.0  0.0  11:
 年      2    12   11   00
 20  0.429  0.43  0.0  10:
 年            6   16   59
 30  0.612  0.62  0.0  11:
 年            3   18   00
 40  0.694  0.70  0.0  11:
 年            7   28   00
 
    
    
    
    <10:32> 超長期ゾーンに売り圧力、20年債・30年債利回りは1カ月ぶり高水
準
    
    現物市場では超長期ゾーンがアンダーパフォーム。20年債利回りは一時0.445
%、30年債利回りは一時0.635%に上昇した。ともに1月31日以来、1カ月ぶり
の水準を回復した。
    
    生保などの年限長期化に向けた月末の買いが一巡したとみられるほか、日銀が3月国
債買入方針で「残存5年超10年以下」の1日当たりのオファー額の上限を増額した一方
、買い入れ日数を2月分から1日減らしたことで、需給の緩みとカーブのスティープ化を
意識した動きとなっている。
    
    残存5年超10年以下の1日当たりのオファー額はこれまで4300億円だった。「
5日の10年債の入札前の調整が不十分となり、入札結果が弱めとなった場合、利回りが
押し上げられる可能性がある。金利上昇を受け6日の『残存5年超10年以下』のオファ
ー額がレンジ中央(4750億円)近辺ではなく、5000億円近辺になれば、大きく減
額されたということにならず、需給面での安心感をもたらす可能性もある」(証券)との
声が聞かれた。
 TRADEWEB                 
     OFFER  BID   前   時
                  日   間
                  比   
 2   -0.15  -0.1  0.0  10:
 年      2    45   02   27
 5   -0.15  -0.1  0.0  10:
 年      8    48   06   28
 10  -0.02  -0.0  0.0  10:
 年      2    13    1   28
 20  0.434  0.44  0.0  10:
 年            1   21   28
 30  0.618  0.62  0.0  10:
 年            7   22   28
 40  0.699  0.70  0.0  10:
 年            8   29   28
 
    
    
    
    <08:55> 国債先物が続落で寄り付く、3月日銀買入方針・米債安で売り先行
    
    国債先物中心限月3月限は前営業日比15銭安の152円59銭と続落して寄り付い
た。日銀が前日に3月分の長期国債等の買い入れ方針を公表。「残存5年超10年以下」
の1回当たりオファー額のレンジ上限額を2月分から引き上げた一方、オファー回数を1
回減らし4回とした。月間ベースでは事実上、買い入れ額が減額されたと受け止められ、
需給の緩みが意識されている。米債安も相場の重しとなり売りが先行した。
    
    市場では「夜間取引の引け値に比べやや高く始まったが、特段フォローとなる材料が
ない。5日には10年債入札もある。長期金利は0%近辺での攻防となりそうだ」(国内
証券)との声が出ていた。
    
    10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比2bp高いマイナス0.010%
で出合いを付けた。    
 TRADEWEB                 
     OFFER  BID   前   時
                  日   間
                  比   
 2   -0.15  -0.1  0.0  8:5
 年      2    43   04    1
 5   -0.15  -0.1  0.0  8:5
 年      5    45   09    2
 10  -0.01  -0.0  0.0  8:5
 年      4    04   19    2
 20  0.437  0.44  0.0  8:5
 年            4   24    2
 30  0.616  0.62  0.0  8:5
 年            6   21    2
 40  0.687  0.69  0.0  8:5
 年            9    2    2
 


    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below