March 22, 2019 / 6:18 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は反発で引け、長期金利は2年4カ月ぶり-0.075%に低下

    [東京 22日 ロイター] - 
    <15:11> 国債先物は反発で引け、長期金利は2年4カ月ぶり-0.075%に低下
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比31銭高の153円04銭となり、反発して取
引を終えた。20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の内容が市場の想定以上にハト
派的だったことを受け、世界的な金利低下を見込んだ短期筋の買いが入った。一時153
円05銭と、中心限月ベースでは2016年7月以来、約2年8カ月ぶりの高値を付けた
。10年最長期国債利回り(長期金利)は同3.5bp低いマイナス0.075%に低下
し、16年11月以来、2年4カ月ぶりの低水準を付けた。
    
    現物市場ではカーブがブル・フラット化。新発20年債利回りは同4bp低い0.3
50%、30年債利回りは同4.5bp低い0.520%、40年債利回りも同4.5b
p低い0.585%に低下し、いずれも16年11月以来の水準を付けた。
    
    年度末で投資家の動きが鈍る中、先物主導で買われ引けにかけて強含む展開となった
。「トレンドに追従する主体の先物買いが入ることで、目先は一段と金利に低下圧力がか
かりやすい」(証券)との声も聞かれた。財務省が午後0時35分に発表した流動性供給
(対象:残存1年超5年以下)の入札結果は無難と受け止められた。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.060%台前
半と、前営業日(マイナス0.059%)を下回る見通し。積み期前半のため資金調達意
欲は限られた。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。財務省が午後0時半に発表した新発3
カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.1824%、
平均落札利回りはマイナス0.1958%となった。入札結果は無難と評価された。
 TRADEWEB                                         
         OFFER      BID       前日比     時間
 2年        -0.183    -0.172      -0.01      15:05
 5年        -0.194    -0.184     -0.021      15:07
 10年       -0.077    -0.067      -0.03      15:02
 20年        0.346     0.357     -0.035      15:04
 30年        0.516     0.528     -0.044      15:02
 40年         0.58     0.593      -0.04      15:07
 
    
    <14:25> 長期金利が-0.070%に低下、2年4カ月ぶり低水準
    
    10年最長期国債利回り(長期金利)が前営業日比3bp低いマイナス0.070%
に低下し、2016年11月9日以来、2年4カ月ぶりの低水準を付けた。「FRB(米
連邦準備理事会)のハト派姿勢そのものによる金利低下圧力は一段落したとみているが、
ブレグジットを巡る動向など、ほかにもグローバルで金利を押し下げる要因はある。先物
主導で長期金利が一段と低下する余地もありそうだ」(外資系証券)との声が聞かれた。
 TRADEWEB                                      
          OFFER     BID       前日比   時間
 2年        -0.182    -0.171   -0.009     14:14
 5年        -0.192    -0.182   -0.019     14:16
 10年       -0.072    -0.062   -0.025     14:22
 20年        0.351     0.362    -0.03     14:22
 30年        0.521     0.532    -0.04     14:22
 40年        0.582     0.595   -0.038     14:23
 
    
    <12:40> 流動性供給入札結果は無難、応札倍率は4倍台に低下
    
    財務省が午後0時35分に発表した流動性供給(対象:残存1年超5年以下)の入札
結果は、最大利回り格差がマイナス0.013%、平均利回り格差がマイナス0.016
%。応札倍率は4.41倍と前回(5.54倍)から低下した。市場では「無難の範囲内
。発行額が少ないゾーンでもある。マーケットの影響も限定的だろう」(国内証券)との
見方がある。
    
 TRADEWEB                                        
        OFFER     BID       前日比    時間
 2年       -0.18    -0.169    -0.007        12:42
 5年      -0.187    -0.177    -0.014        12:42
 10年      -0.07     -0.06    -0.023        12:42
 20年      0.354     0.365    -0.027        12:42
 30年      0.524     0.535    -0.037        12:36
 40年      0.584       0.6    -0.033        12:42
 
   
    <12:34> 3カ月物TB入札結果は無難、一部海外勢の需要が支え
    
財務省が午後0時半に発表した新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落
札利回りはマイナス0.1824%、平均落札利回りはマイナス0.1958%と、前回
(最高:マイナス0.1358%、平均:マイナス0.1437%)に比べて低下した。
    
    市場では、入札結果について「一部海外勢の強い買いが観測されたが、全体的には落
ち着いた結果となった。無難の範囲内」(国内金融機関)との声が出ている。
 TRADEWEB                                    
       OFFER     BID      前日比     時間
 2年      -0.18   -0.169     -0.007     12:31
 5年     -0.188   -0.178     -0.015     12:31
 10年     -0.07    -0.06     -0.023     12:33
 20年     0.352    0.363     -0.029     12:31
 30年     0.523    0.534     -0.038     12:33
 40年     0.579    0.593      -0.04     12:33
 
    
    <11:13> 国債先物が反発で前引け、長期金利は2年4カ月ぶり-0.065%に低下
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比24銭高の152円97銭と反発して午前の取
引を終えた。20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の内容がハト派的だったことを
受けて、世界的に低金利が長期化するとの見方から短期筋の買いが先行。期末接近による
売りにくさも意識されて、一時153円ちょうどと中心限月ベースで2月22日以来約1
カ月ぶりの水準に上昇した。ただ、連休の谷間で様子見ムードも広がり、買い一巡後は高
値圏で膠着感を強めた。
    
    現物市場は長期・超長期ゾーンを中心に堅調。投資家の動きは鈍かったが、一段のフ
ラット化を見据えた短期筋の買いが入った。10年最長期国債利回り(長期金利)は一時
同2.5bp低いマイナス0.065%、20年超長期国債利回りは一時同3bp低い0
.360%といずれも2016年11月9日以来の水準に低下。30年超長期国債利回り
は一時同3.5bp低い0.530%と16年11月11日以来の水準を付けた。
    財務省が午後0時35分に発表する流動性供給入札(対象:残存1年超5年以下)の
結果は、ショートカバー需要などを支えに無難になるとの見方が出ている。
    
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.03─マイナス0.08
6%を中心に取引された。積み期前半で資金調達意欲は限られた。ユーロ円3カ月金利先
物は強含み。財務省が午後0時半に発表する3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で
、最高落札利回りはマイナス0.18%台と前回(マイナス0.1358%)から低下す
るとみられている。
 TRADEWEB                                   
       OFFER     BID       前日比   時間
 2年     -0.181    -0.169   -0.007     11:00
 5年     -0.189    -0.178   -0.015     11:00
 10年     -0.07    -0.059   -0.022     11:00
 20年     0.351     0.363   -0.029     11:00
 30年     0.521     0.534   -0.038     11:01
 40年      0.58     0.595   -0.038     11:00
 
    
    <10:33> 財務省が流動性供給入札を通告、無難との予想
    
    財務省は午前10時半、流動性供給入札(対象:残存1年超5年以下)を通告した。
発行予定額は4000億円。
    市場では、3月中旬にかけて高止まりしていたレポGCレートが落ち着きをみせ、「
短期金利に低下圧力が掛かっていることを踏まえると、ショートカバー需要を巻き込んで
無難に通過するのではないか」(国内証券)との声が出ている。
    
    国債先物中心限月6月限は朝方に一時前営業日比27銭高の153円ちょうどと、中
心限月ベースで2月22日以来約1カ月ぶりの水準に上昇。10年最長期国債利回り(長
期金利)は同2.5bp低いマイナス0.065%と2016年11月9日以来、約2年
4カ月ぶりの水準に低下した。取引一巡後は連休の谷間で様子見ムードが広がり、動意に
乏しい展開が続いている。
 TRADEWEB                                
       OFFER     BID      前日比   時間
 2年      -0.18   -0.169   -0.007   10:30
 5年     -0.187   -0.177   -0.014   10:31
 10年    -0.069   -0.059   -0.022   10:32
 20年     0.354    0.365   -0.027   10:30
 30年     0.524    0.535   -0.037   10:30
 40年      0.58    0.596   -0.037   10:31
 
    
    <09:06> 国債先物は反発で寄り付く、長期金利2年4カ月ぶり-0.060%
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比16銭高の152円89銭と反発で寄り付いた
。その後は152円97銭と中心限月ベースで2月22日以来、約1カ月ぶりの水準に上
昇した。10年最長期国債利回り(長期金利)は同2bp低いマイナス0.060%、2
0年超長期国債利回りは度3bp低いマイナス0.360%といずれも2016年11月
9日以来、約2年4カ月ぶりの水準に低下した。
    
    20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)が事前予想に比べてハト派的だったこと
を受けて、世界的な低金利環境の継続が意識され、買いが先行した。また、期末を控えて
国債を売りにくいことも底堅さにつながっている。
    
    市場では、「FOMCを受けて、世界的に金利が上がりにくいとの見方から、フラッ
ト化がかかりやすい。日銀の国債買い入れ減額に踏み切りにくくなったのではないか。4
月に入れば、期初に売りが出る可能性があるが、金利上昇を待つ投資家の買いに売りは吸
収されてしまうのではないか」(証券)との声が出ている。
    
    米連邦公開市場委員会(FOMC)では、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目
標を2.25─2.50%に据え置くことを全会一致で決定。FOMCメンバーの政策金
利見通し分布(ドット・チャート)では2021年までを通して1回の利上げが実施され
るとの見通しが示され、年内の利上げはない公算が大きいことが示された。また、バラン
スシート縮小の9月終了を決定した。
 TRADEWEB                                  
        OFFER     BID       前日比   時間
 2年      -0.179    -0.167   -0.005    9:07
 5年      -0.187    -0.177   -0.014    9:04
 10年     -0.067    -0.057    -0.02    9:07
 20年      0.351     0.362    -0.03    9:07
 30年      0.522     0.534   -0.038    9:06
 40年      0.589     0.604   -0.029    9:06
 
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below