April 3, 2019 / 2:19 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は続落で前引け、米中交渉巡る報道で 長期金利-0.050%に上昇

    [東京 3日 ロイター] - 
    <11:12> 国債先物は続落で前引け、米中交渉巡る報道で 長期金利-0.050%
に上昇
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比3銭安の152円91銭と、続落で午前の取引
を終えた。前日の米債高を受けた買いが先行したが、米中通商協議を巡る英フィナンシャ
ル・タイムズ(FT)の報道を手掛かりに下げに転じ、一時152円80銭まで下げ幅を
拡大した。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5p高いマイナス0.050%
に上昇した。
    
    FTは米中高官が通商合意に向け懸案事項の大半を解決、などと報道。これを受け国
債先物に対し「海外勢がロングを解消する動きが出た」(国内証券)という。
    
    午前10時10分に日銀が通告した中期・長期対象の国債買い入れオペのオファー額
は前回から据え置かれた。需給が引き締まるとの見方から、FT報道で軟化した国債先物
は再びプラスに転じる場面があったが、上値は重く売り直しの展開となった。
    
    現物市場では、超長期ゾーンで「期初の売りと押し目買いが交錯した」(同)との声
も聞かれた。新発20年債利回りは一時、前日比1bp低い0.345%に低下したが、
足元では変わらずの0.355%に戻している。
    
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.03─マイナス0.08
6%を中心に取引された。「レポレートがコールに影響を及ぼすような水準にはなく、横
ばい圏内で推移した」(国内金融機関)との声が聞かれた。加重平均レートは前日(マイ
ナス0.067%)近辺での動きとなっているもよう。ユーロ円3カ月金利先物は期近物
が強含み。
    
    財務省が午後0時半に発表する3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落
札利回りはマイナス0.16%台と、前回(マイナス0.1824%)から上昇するとみ
られている。
 TRADEWEB                                       
         OFFER     BID       前日比   時間
 2年        -0.16    -0.153        0       10:57
 5年       -0.176    -0.169        0       11:00
 10年      -0.055    -0.049   -0.006       11:00
 20年       0.353      0.36    0.004       10:59
 30年       0.512     0.519   -0.002       11:00
 40年       0.553      0.56   -0.011       11:01
    
    <10:15> 日銀が中期・長期対象の国債買い入れを通告、金額は据え置き
    
    日銀は午前10時10分、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年超3年以下」
(買入予定額3500億円)、「残存3年超5年以下」(同4000億円)、「残存5年
超10年以下」(同4800億円)。買い入れ予定額はいずれも前回から据え置かれた。
    
    需給が引き締まるとの見方から、国債先物は一時、再びプラス圏に浮上した。米中通
商協議を巡る英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の報道を受け軟化した中心限月6月
限は、前営業日終値(152円94銭)近辺で推移している。
 TRADEWEB                              
         OFFER    BID      前日   時間
                           比     
 2年      -0.161   -0.154  -0.00  10:09
                               1  
 5年      -0.179   -0.172  -0.00  10:12
                               3  
 10年     -0.059   -0.053  -0.01  10:11
 20年      0.349    0.356      0  10:11
 30年      0.509    0.517  -0.00  10:12
                               4  
 40年       0.55    0.558  -0.01  10:12
                               3  
 
    
    <09:53> 国債先物は下げ転換、米中通商協議巡る報道で
    
    国債先物中心限月6月限は下げに転じた。米中通商協議を巡り、米中高官が合意に向
け懸念事項の大半を解決、と一部で報じられたことが材料視されている。10年最長期国
債利回り(長期金利)は前日比0.5bp高いマイナス0.050%に上昇している。
 TRADEWEB                                       
          OFFER      BID       前日比   時間
 2年          -0.16    -0.153        0      9:52
 5年         -0.175    -0.169        0      9:52
 10年        -0.055    -0.048   -0.005      9:52
 20年         0.355     0.363    0.007      9:51
 30年         0.513     0.521        0      9:52
 40年         0.555     0.563   -0.008      9:52
 
       
    <08:55> 国債先物は反発で寄り付く、米債高の流れ引き継ぐ
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比9銭高の153円03銭となり、反発で寄り付
いた。前日の米債高を受けた買いが先行した。きょうは中期・長期対象の日銀による国債
買い入れオペが予定されている。オファー額を見極めようとする姿勢が広がっており、買
い一巡後は様子見ムードが広がっている。
 TRADEWEB                                 
        OFFER     BID      前日比  時間
 2年      -0.165   -0.159  -0.006     8:54
 5年      -0.181   -0.174  -0.005     8:54
 10年     -0.065   -0.059  -0.016     8:47
 20年       0.34    0.348  -0.008     8:52
 30年      0.503    0.511   -0.01     8:52
 40年      0.549    0.555  -0.016     8:52
 
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below