April 8, 2019 / 2:19 AM / 2 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は反発で前引け、長期金利は-0.045%に低下

    [東京 8日 ロイター] - 
    <11:07> 国債先物は反発で前引け、長期金利は-0.045%に低下
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比14銭高の152円88銭となり、続伸した。
前週末の米雇用統計公表を受け、米債が上昇した流れを引き継ぎ買いが先行。午前10時
10分に日銀が通告した国債買い入れオペで買入予定額が据え置かれると、需給が引き締
まるとの見方から、やや上げ幅を拡大した。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1
bp低いマイナス0.045%に低下した。
    
    米雇用統計では非農業部門の雇用者数の伸びは市場予想を上回ったが、時間当たり賃
金は前月比0.1%増と前月から伸びが鈍化した。米10年債利回りは公表直後は上昇し
たものの、その後は低下し2.5%を割り込んだ。トランプ米大統領による米連邦準備理
事会(FRB)への圧力で低金利環境が継続するとの見方も根強く、国債先物は堅調に推
移した。
    
    日銀による国債買い入れオペでオファー額が据え置かれたこともサポート要因となり
、国債先物は一時152円89銭まで強含んだ。
    
    市場では「ブレグジット(英国の欧州連合離脱)を巡る不透明感はあるが、10連休
も近付きつつある。徐々に投資家の様子見姿勢が強まっていく可能性がある」(国内証券
)との声が出ていた。
    
    黒田東彦日銀総裁は8日、日銀支店長会議であいさつし、景気は輸出・生産に海外減
速の影響みられるものの、緩やかに拡大している、などと述べた。全体相場への影響は限
られた。
    
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.025─マイナス0.0
86%を中心に取引された。積み期後半に向け、金融機関の資金調達意欲が徐々に高まっ
ているもよう。加重平均レートは前日(マイナス0.063%)を上回って推移している
とみられている。ユーロ円3カ月金利先物は小じっかり。
 TRADEWEB                                              
           OFFER      BID       前日比     時間
 2年          -0.166    -0.159     -0.005         10:59
 5年          -0.172    -0.165     -0.006         11:01
 10年          -0.05    -0.044     -0.012         10:58
 20年          0.354     0.361     -0.012         10:37
 30年          0.531      0.54     -0.004         11:00
 40年          0.553     0.561     -0.005         11:02
        
       
    <10:13> 日銀が短期・超長期対象の国債買い入れを通告、金額は据え置き
    
    日銀は午前10時10分、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年以下」(買入
予定額500億円)、「残存10年超25年以下」(同1800億円)、「残存25年超
」(同500億円)。買い入れ予定額はいずれも前回から据え置かれた。
    
    国債先物はやや強含み。152円87銭近辺(前営業日比13銭高)で推移している
。   
 TRADEWEB                                    
        OFFER       BID     前日比   時間
 2年        -0.165  -0.159   -0.005     10:12
 5年         -0.17  -0.164   -0.005     10:10
 10年       -0.048  -0.041   -0.009     10:11
 20年        0.358   0.364   -0.009     10:12
 30年         0.53   0.538   -0.006     10:10
 40年        0.554   0.563   -0.003     10:12
 
    
    
    <08:59> 国債先物は反発で寄り付く、米雇用統計後の米債高に反応
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比9銭高の152円83銭となり、反発で寄り付
いた。前週末の米債高を引き継ぐ形で買いが先行した。超長期対象の日銀による国債買い
入れオペが予定されていることも、全体相場の支援材料となっている。
    
    市場では「米雇用統計では時間当たり賃金が伸び悩んだ。トランプ米大統領による米
連邦準備理事会(FRB)への人事面での圧力もあり、利上げは当面見送られやすい状況
だ。ブレグジット(英国の欧州連合離脱)を巡る混乱も収束の兆しがなく、円債市場は売
り込みにくい地合いが続きそうだ」(国内証券)との声が出ていた。
 TRADEWEB                                   
         OFFER     BID     前日比   時間
 2年       -0.165  -0.159   -0.005      8:45
 5年        -0.17  -0.163   -0.004      8:55
 10年      -0.046   -0.04   -0.008      8:56
 20年       0.356   0.363    -0.01      8:56
 30年        0.53   0.538   -0.006      8:56
 40年        0.55   0.561   -0.005      8:58
 
    
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below