April 24, 2019 / 2:23 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は続伸で前引け、長期金利は横ばいの-0.035%

    [東京 24日 ロイター] - 
    <11:13> 国債先物は続伸で前引け、長期金利は横ばいの-0.035%
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比8銭高の152円64銭と続伸で午前の取引を
終えた。前日の米債高を受けた買いが先行。日銀が中期・超長期を対象に通告した国債買
い入れオペで、市場の予想通りオファー額が据え置きとなったこともサポート要因となっ
た。10年最長期国債利回り(長期金利)は、前日比横ばいのマイナス0.035%での
出合いとなった。
    
    19日の前回オペでは超長期のオファーが減額されたが、連続で日銀が減額に踏み切
るとみる向きは少なく、コンセンサス通りのオペ通告となった。ただ通告後、市場では安
心感が広がり、国債先物は前引けにかけて上げ幅を拡大した。「日銀はカーブをスティー
プ化させたいのだろう。ただ今回のように市場参加者の関心が高まった状態では、(前回
の)減額時のようなサプライズ的な効果は見込みにくい」(国内証券)との声が聞かれた
。
    
    今回の超長期対象の国債買い入れオペでは、参加者の応札上限がオファー額の100
%となったもよう。前回オペで、超長期において50%から100%に引き上げられたが
、今回も同様の措置となったようだ。「超長期のオファー額そのものが少なくなってきた
ため、50%の上限が撤廃されたのではないか」(外資系証券)との見方も出ていた。
    
    現物市場は閑散。新発20年債利回りは一時、前日比1bp低い0.370%に低下
したが、その後0.375%に戻した。新発2年債は出合いがなかった。
    
    午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.045─マイナス0.0
86%を中心に取引された。10連休を前に金融機関の多くは資金調達のめどを付けてい
るとみられ、調達意欲は引き続き低調だったようだ。加重平均レートは前日(マイナス0
.077%)近辺で推移しているもよう。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。
 TRADEWEB                                        
          OFFER     BID        前日比   時間
 2年        -0.156     -0.149   -0.004      10:38
 5年        -0.162     -0.155   -0.004      11:00
 10年       -0.041     -0.035   -0.006      11:01
 20年        0.369      0.376   -0.005      11:00
 30年        0.558      0.565   -0.005      11:00
 40年        0.597      0.605   -0.004      10:59
 
    
    <10:12> 日銀が中期・超長期の国債買い入れ通告、金額は据え置き
    
    日銀は午前10時10分の金融調節で、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年
超3年以下」(買入予定額3500億円)、「残存3年超5年以下」(買入予定額400
0億円)、「残存10年超25年以下」(買入予定額1600億円)「残存25年超」(
同400億円)で、買入予定額は前回から据え置かれた。
    
    前回オペの19日には超長期で買入減額が行われた。連続で日銀が買入減額に踏み切
るとの見方は少数派だったが、今回の通告でやや安心感が広がっているもよう。国債先物
中心限月6月限は152円60銭(前営業日比4銭高)と底堅く推移している。
 TRADEWEB                                 
        OFFER     BID      前日比  時間
 2年      -0.155   -0.148  -0.003    10:11
 5年       -0.16   -0.154  -0.003    10:11
 10年      -0.04   -0.034  -0.005    10:11
 20年      0.369    0.375  -0.006    10:11
 30年      0.556    0.563  -0.007    10:08
 40年      0.594    0.604  -0.005    10:11
   
    
    <09:04> 国債先物は続伸で寄り付く、米債高受けた買いが先行
    
    国債先物中心限月6月限は前営業日比4銭高の152円60銭と続伸で寄り付いた。
前日の米債高を受け、しっかりで始まった。きょうは中期・超長期を対象とした日銀の国
債買い入れオペが予定されている。買入予定額は据え置かれるとの見方が多い。ただ前回
19日のオペで市場の予想に反し買入減額が行われたこともあり、午前10時10分の通
告内容を見極めたいとの姿勢も強い。
    
    市場では「きょうのオペでの減額はないだろう。ただ10連休中の様々なイベントや
地政学リスクの高まりで円高・株安が進むシナリオも考えられ、国債に対しては『持たざ
るリスク』も意識されつつある」(国内証券)との声が出ていた。
 TRADEWEB                                     
        OFFER     BID      前日比    時間
 2年      -0.156   -0.148    -0.003       9:01
 5年       -0.16   -0.154    -0.003       9:00
 10年      -0.04   -0.034    -0.005       9:02
 20年      0.369    0.378    -0.003       9:02
 30年      0.554    0.563    -0.007       9:02
 40年      0.593    0.603    -0.006       9:02
    
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below