September 13, 2019 / 6:18 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は急反落で引け、海外勢のアンワインド観測

    [東京 13日 ロイター] - 
    <15:05> 国債先物は急反落で引け、海外勢のアンワインド観測
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比66銭安の153円98銭と急反落して取引
を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)は同5.5bp上昇のマイナス0.16
0%と8月1日以来の高水準。欧州中央銀行(ECB)の包括緩和策の評価はまちまちだ
ったが、米中対立の緩和期待を背景に、市場全体のリスク選好度が上昇。海外勢による円
債ロングポジションの巻き戻しが強まったとみられている。
    
    外部環境の落ち着きから、朝方は「そろそろ打診買いを検討しても良い金利水準」(
国内証券)との指摘もあったが、強気派の予想を超えて押し目は深いようだ。
    
    午前から弱い動きが続いていたものの、後場に入ると下げが加速。市場筋によると、
海外勢から売りが強まったという。「為替スワップを使った投資で、フラットニングを狙
っていた海外勢から、ポジションの巻き戻しによる売りが出たようだ」(国内銀行)との
指摘があった。
    
    年初から8月にかけての金利低下を主導したのは海外勢だ。為替スワップによる上乗
せ金利を使うことで、マイナス金利の日本国債でも米国債よりも高い利回りを得ることが
できる。
    
    しかし、ここにきて米国の長期金利が上昇。「海外勢にとって、ドル転JGB投資(
ドルを円に換えて日本国債に投資)よりも、米国債投資の魅力が増していることで、円債
ロングポジションの巻き戻しが起きている」と野村証券のシニア金利ストラテジスト、中
島武信氏は指摘している。
    
    現物市場で、新発20年債利回りは前営業日比4.5bp上昇の0.200%、新発
30年債は同5.0bp上昇の0.340%、新発40年債は同5.0bp上昇の0.3
70%となった。
    
    短期金融市場では、無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.042%と
前営業日のマイナス0.043%からやや上昇する見通し。「積み最終日を迎え、地銀な
どが調達に動いた」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は軟調。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年      -0.25  -0.243    0.036    15:02
 5年      -0.26  -0.253    0.048    15:03
 10年    -0.164  -0.157    0.053    15:05
 20年     0.196   0.203    0.044    15:05
 30年     0.334   0.341    0.049    15:05
 40年     0.363   0.374    0.053    15:03
 

    <13:23> 国債先物は下げ一服、急落は海外勢の売りが主体か
    
    国債先物は下げ一服。中心限月12月限は前営業日比51銭安の154円13銭付近
まで下げ幅を縮小させている。市場では、後場に急落した要因として、海外勢からの売り
が出たとの指摘が聞かれる。
    
    米国の長期金利上昇は海外勢にとって、ドル転日本国債投資(ドルを円に換えて日本
国債に投資)よりも、米国債投資の魅力が増す理由となる。市場では円債急落の要因とし
て「為替スワップを使った投資で、フラットニングを狙っていた海外勢から、ポジション
の巻き戻しによる売りが出たようだ」(国内銀行)との見方が出ている。
    
    10年最長期国債利回り(長期金利)は同4.5bp上昇のマイナス0.170%で
推移している。 
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.258   -0.25    0.029    13:21
 5年      -0.27  -0.263    0.038    13:16
 10年    -0.172  -0.165    0.045    13:22
 20年     0.191     0.2    0.041    13:22
 30年     0.329   0.338    0.046    13:20
 40年     0.361   0.372    0.051    13:22
 

    
    <12:59> 国債先物が急落、一時69銭安 連休前の投げ売りか
    
    国債先物が急落。中心限月12月限は一時、前営業日比69銭安の153円95銭ま
で下落した。10年最長期国債利回り(長期金利)は同5.5bp高いマイナス0.16
0%に上昇している。
    市場では「前場からの金利上昇の流れが加速している。特段、材料は出てないものの
、3連休を控えて投げ売り的な様相になっている」(国内証券)との指摘が出ている。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.249  -0.239     0.04    12:58
 5年      -0.26  -0.251     0.05    12:58
 10年    -0.158   -0.15     0.06    12:58
 20年     0.209   0.218    0.059    12:58
 30年     0.346   0.355    0.063    12:58
 40年     0.376   0.388    0.067    12:58
 

    
    <12:37> 流動性供給入札は弱い、国債先物は50銭超の下落
    
    財務省が午後0時35分に発表した流動性供給入札(残存1年超5年未満)の結果は
、最大利回り格差がプラス0.043%、平均利回り格差がプラス0.038%。応札倍
率は2.78倍と前回(4.10倍)を下回った。市場では「予想比やや弱い」(国内証
券)との声が出ている。
    
    財務省が午後0時半に発表した新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最
高落札利回りはマイナス0.1236%、平均落札利回りはマイナス0.1431%と、
前回(最高:マイナス0.2643%、平均:マイナス0.2883%)に比べて上昇し
た。
    
    国債先物は下げ幅拡大。中心限月9月限前営業日比51銭安の154円13銭付近で
推移している。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.261   -0.25    0.029    12:35
 5年     -0.267  -0.259    0.042    12:36
 10年    -0.167  -0.158    0.052    12:36
 20年     0.202    0.21    0.051    12:36
 30年     0.345   0.354    0.062    12:36
 40年     0.371   0.383    0.062    12:36
 

    
    <11:07> 前場の国債先物は反落、長期金利は-0.175%に上昇
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比42銭安の154円22銭と反落して、午前
の取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)は同4.0bp上昇のマイナス0
.175%。
    
    欧州中央銀行(ECB)理事会が決定した包括緩和策への評価はまちまちだが、米中
対立緩和への期待感から市場全体のリスク選好度が高まり、円債は売りが優勢な展開とな
った。
    
    みずほ証券のチーフ債券ストラテジスト、丹治倫敦氏はECBの包括緩和策について
市場の期待に届かなかったと指摘。「金利低下ではなく、むしろ金利上昇方向の材料にな
った」との見方を示している。
    
    現物市場では超長期債を中心に金利上昇。新発20年債利回りが前営業日比4.0b
p上昇の0.195%。新発30年債は同5.0bp上昇の0.340%。新発40年債
は取引が成立しなかった。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.02─マイナス0.055%を
中心に取引された。「積み最終日で散発的な調達がみられた」(国内金融機関)という。
ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.267  -0.256    0.023    11:00
 5年      -0.28  -0.272    0.029    11:00
 10年    -0.177  -0.169    0.041    11:01
 20年     0.192   0.199     0.04    11:01
 30年     0.334   0.342     0.05    10:59
 40年     0.353   0.365    0.044    11:00
 

    <10:31> 財務省が流動性供給入札を通告、国債先物は軟調継続
    
    財務省は午前10時半、流動性供給入札を通告した。対象は残存5年超15.5年以
下。発行予定額は6000億円程度。市場では「軟調な地合いのなかでは重しとなるかも
しれない」(国内証券)との声が出ている。
    
    国債先物は軟調な展開が続いている。中心限月12月限は前日比40銭安の154円
24銭付近で推移。10年最長期国債利回り(長期金利)は同4.0bp上昇のマイナス
0.175%を付けている。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.269  -0.261    0.018    10:29
 5年     -0.281  -0.273    0.028    10:32
 10年    -0.178   -0.17     0.04    10:32
 20年     0.193     0.2    0.041    10:31
 30年     0.336   0.342     0.05    10:32
 40年     0.351   0.364    0.043    10:32
 

    
    <08:46> 国債先物は反落で寄り付く、「そろそろ打診買い」との声も
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比34銭安の154円30銭と反落で寄り付い
た。米中対立緩和への期待感で市場全体のリスク選好度が高まり、円債には売りが先行。
欧州中央銀行(ECB)理事会は包括的な金融緩和策を決定したが、市場では追加緩和余
地が狭まったほか、財政拡大策の可能性も高まったとの見方が出ている。
    一方、「ここからの押し目はそろそろ打診買いを検討しても良い水準」(国内証券)
との指摘もあった。    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.275  -0.264    0.015     8:45
 5年     -0.287  -0.279    0.022     8:46
 10年    -0.194  -0.185    0.025     8:46
 20年     0.175   0.188    0.029     8:46
 30年     0.309   0.321    0.029     8:46
 40年     0.343   0.355    0.034     8:46
 
    

    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below