September 25, 2019 / 6:24 AM / 22 days ago

訂正-〔マーケットアイ〕金利:国債先物は続伸、過去最高値で引け 長期金利は-0.260%に低下

 (<13:26>「新発5年債は一時-0.400%に低下、国債先物は過去最高値更新」の記事で、本文の「翌
26日」を「27日」に訂正します。)
    [東京 25日 ロイター] -   
  <15:14> 国債先物は続伸、過去最高値で引け 長期金利は-0.260%に低下

    国債先物中心限月12月限は前営業日比31銭高の155円34銭と続伸、中心限月の終値ベースで
過去最高値を更新して取引を終えた。前日の欧米債高の流れを引き継ぎ、朝方から強含みで推移。中期ゾー
ン主導で先物は一段と買われ、一時155円48銭まで上伸した。一方、40年債入札結果が弱めとなった
ことから、超長期ゾーンは軟調に推移した。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比1.5bp低下
のマイナス0.260%。

  現物市場では、新発5年債が一時マイナス0.400%と過去最低水準まで低下した後、前日比2.5
bp低下のマイナス0.385%まで水準を戻した。新発2年債は同2.0bp低下のマイナス0.345
%。 
    
    市場では「5年ゾーンは需給が引き締まっているほか、日銀オペ減額の可能性も少ない。海外金利が低
下する中、消去法的に中期ゾーンを選好する動きが強まった。また、マイナス金利深掘りへの期待も買いを
後押しした」(外資系証券)との見方を示した。 
 
   きょうの40年債入札結果は弱めと受け止められた。これを受けて、超長期ゾーンは軟調に推移し、新
発40年債は3.0bp上昇の0.425%と7月2日以来の水準まで上昇した。「カーブ上は割安で、金
利水準も7月の水準まで戻しており、押し目買いが入ってもおかしくない。ただ、前日の黒田日銀総裁の発
言もあり、投資家は慎重になっている」(同)との声が聞かれた。新発30年債は1.0bp上昇の0.3
55%。

  短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートは前営業日(マイナス0.059%)とほぼ横
ばいの見通し。「地銀を中心に資金調達の動きが引き続き見られた」(国内金融機関)という。ユーロ円3
カ月金利先物は強含み。

 TRADEWEB                             
        OFFER    BID     前日比  時間
 2年     -0.347  -0.337  -0.019  15:12
 5年     -0.389  -0.382  -0.024  15:09
 10年    -0.262  -0.255  -0.016  15:02
 20年      0.17   0.178  -0.003  15:12
 30年      0.35   0.358   0.012  15:12
 40年     0.416   0.425   0.025  15:12
 
     
    <13:26> 新発5年債は一時-0.400%に低下、国債先物は過去最高値更新

  中期ゾーンがしっかり。新発5年債は一時マイナス0.400%と過去最低の金利水準まで低下した後
、前日比3.5bp低下のマイナス0.395%まで水準を戻した。
    
    市場では「長期・超長期ゾーンは日銀オペの減額リスクが意識されているほか、2年ゾーンが27日(
訂正)に2年債入札を控えていることを踏まえると、買いづらい。一方、5年ゾーンは供給イベントが当面
ないこともあり、買われやすい地合いになっている」(国内証券)との声が聞かれた。

  国債先物は上げ幅を拡大。中心限月12月限は一時155円48銭(前営業日比45銭高)と、過去最
高値を更新した。
    
 TRADEWEB                           
       OFFER   BID     前日比  時間
 2年   -0.352  -0.342  -0.024  13:25
 5年   -0.398   -0.39  -0.032  13:25
 10年  -0.265  -0.258  -0.019  13:25
 20年   0.168   0.175  -0.006  13:25
 30年   0.348   0.357   0.011  13:25
 40年   0.408    0.42    0.02  13:25
 
    <12:57> 40年債入札結果は弱め、応札倍率は2倍台に低下

   財務省が午後0時35分に発表した40年利付国債(利率0.5%)の入札結果で、最高落札利回りは
0.435%(発行価格は102円36銭)となった。応札倍率は2.69倍と前回の3.02倍を下回っ
た。

   市場では「市場ではベアスティープ化が意識されていたほか、半期末の買いも既に一巡している可能性
があり、弱めの結果となったのではないか」(国内証券)との声が出ている。

   入札結果を受けて、新発30年債は同0.5bp上昇の0.350%。新発40年債は前日と横ばいの
0.395%で推移している。

   一方、国債先物は後場に入っても堅調に推移。先物中心限月12月限は一時155円44銭(前営業日
比41銭高)まで上昇した。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比1.5bp低いマイナス0.2
60%に低下した。

 TRADEWEB                            
       OFFER   BID     前日比   時間
 2年   -0.351  -0.341   -0.023  12:57
 5年   -0.397  -0.389   -0.031  12:57
 10年  -0.262  -0.255   -0.016  12:57
 20年   0.174   0.183    0.002  12:57
 30年    0.35   0.357    0.011  12:57
 40年   0.418   0.428    0.028  12:57
 
    <11:35> 日銀の短国買入結果は無難、応札倍率は上昇
    
    日銀が発表した国庫短期証券(TB)の買い入れ結果は、案分利回り格差がプラス0.005%。平均
落札利回り格差がプラス0.006%となった。応札額は2兆5843億円、落札額は7501億円。応札
倍率は3.44倍と前回(2.86倍)から上昇した。市場では「予想範囲内で無難な結果」(国内金融機
関)との見方が出ている。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.351  -0.339   -0.021    11:01
 5年     -0.394  -0.387   -0.029    11:01
 10年    -0.262  -0.255   -0.016    11:00
 20年     0.163    0.17   -0.011    11:02
 30年     0.333    0.34   -0.006    11:01
 40年     0.389   0.398   -0.002    11:01
 

   
   <11:20> 前場の国債先物は続伸、5年債金利が過去最低の-0.390%
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比28銭高の155円31銭と続伸して午前の取引を終えた。米
中通商交渉や米景気減速への懸念からリスク回避の動きが強まった。上期末に向けた買いが入ったとの見方
も聞かれた。日銀の追加緩和期待もあり、新発5年債利回りはマイナス0.390%と過去最低水準を付け
た。
    
    午前中に目立ったのは5年債金利の低下だ。日銀の金融政策に大きく反応するゾーンであり、市場では
「黒田東彦日銀総裁の発言などからマイナス金利深掘りへの期待が高まっている」(岡三証券の債券シニア
・ストラテジスト、鈴木誠氏)との声が出ている。
    
    黒田東彦日銀総裁は24日、大阪市内で記者会見し、追加緩和とイールドカーブを立たせることの両立
について「仮に短中期金利を下げることになれば、超長期金利が行き過ぎた低下をすることがないよう必要
に応じて国債買い入れを調整する」と述べ、両立は可能との認識を示した。
    
    市場では20日の日銀オペ減額についても「短期金利引き下げと超長期金利維持の組み合わせた政策変
更のために、あらかじめ超長期金利を上げておく準備行動ではないか」(別の国内証券)との見方も聞かれ
た。

    現物市場で超長期ゾーンは金利低下。新発20年債は前日比1.0bp低下の0.170%。新発30
年債は同0.5bp低下の0.340%。新発40年債は前日比変わらずの0.395%。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.035─マイナス0.08%を中心に取引された
。「特に調達意欲は強まっておらず、レート水準は前日と比べ横ばい」(国内金融機関)という。ユーロ円
3カ月金利先物は動意薄。
     
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.351  -0.339   -0.021    11:01
 5年     -0.394  -0.387   -0.029    11:01
 10年    -0.262  -0.255   -0.016    11:00
 20年     0.163    0.17   -0.011    11:02
 30年     0.333    0.34   -0.006    11:01
 40年     0.389   0.398   -0.002    11:01
 

    
    <10:32> 財務省が40年債入札を通告、無難に消化との見方
    
    財務省は午前10時半、40年債入札を通告した。利率は0.5%、発行予定額4000億円。第12
回債のリオープン発行。入札は利回り競争入札によるダッチ方式となる。
    
    入札前取引(WI)の水準は前日時点で0.400%(複利)。市場では「来年度の増発懸念や日銀の
超長期金利低下に対する厳しいスタンスから、一段のフラットニングはしばらく難しいかもしれないが、0
.4%近辺の金利水準であれば無難に消化されるのではないか」(国内証券)との予想が聞かれている。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.342  -0.333   -0.015    10:33
 5年     -0.384  -0.376   -0.018    10:33
 10年    -0.261  -0.255   -0.016    10:31
 20年     0.164   0.171    -0.01    10:33
 30年     0.332   0.339   -0.007    10:32
 40年     0.385   0.396   -0.004    10:30
 

    
    
    <10:00> 国債先物は上げ幅拡大、長期金利は-0.255%に低下
    
    国債先物は上げ幅拡大。中心限月12月限は一時、前営業日比27銭高の155円30銭を付けた。1
0年最長期国債利回り(長期金利)は同1.0bp低下のマイナス0.255%で推移している。
    40年債入札を前に午前は手控えられるとの予想も多かったが、「年度上期末が近づき、需給主導で買
われているのかもしれない。国債償還資金の再投資の可能性もある」(国内証券)とみられている。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年      -0.34  -0.329   -0.011    10:03
 5年     -0.381  -0.373   -0.015    10:03
 10年     -0.26  -0.253   -0.014    10:02
 20年     0.168   0.174   -0.007    10:03
 30年     0.334   0.341   -0.005    10:03
 40年     0.388   0.398   -0.002    10:03
 

    
    <08:49> 国債先物は続伸で寄り付く、政井日銀委員の講演も注目
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比7銭高の155円10銭と続伸で寄り付いた。米中通商交渉や
米景気減速への懸念に加え、トランプ米大統領の弾劾機運の高まりから、リスク回避の動きが強まっている
。ただ、40年債入札を控え動きは鈍い。
    
    本日は日銀の政井貴子審議委員の講演と会見が予定されている。市場では「中立的な立ち位置とみられ
ていることから、追加緩和や副作用の必要性や具体策について、新味のある発言があれば注目される」(国
内証券)との声が出ていた。

    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.332   -0.32   -0.002     8:47
 5年     -0.371  -0.363   -0.005     8:47
 10年    -0.252  -0.245   -0.006     8:47
 20年     0.171   0.179   -0.002     8:47
 30年     0.336   0.345   -0.001     8:47
 40年     0.392   0.402    0.002     8:47
 

    
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below