September 27, 2019 / 3:54 AM / 2 months ago

〔マーケットアイ〕金利:2年債入札結果は無難、応札倍率は3.75倍に低下

    [東京 27日 ロイター] -    
    
    <12:41> 2年債入札結果は無難、応札倍率は3.75倍に低下
    
    財務省が午後0時35分に発表した2年利付国債の入札結果は、最低落札価格が10
0円86銭0厘(最高落札利回り:マイナス0.327%)となった。平均落札価格は1
00円87銭2厘(平均落札利回り:マイナス0.333%)で、落札価格の平均と最低
の開き(テール)は1銭2厘と前回の4厘を上回った。応札倍率は3.75倍で前回(5
.40倍)を下回った。
    
    市場では「テールが開き、応札倍率も低かったので、やや弱めにも見えるが、この金
利水準では無難と評価していい。入札結果を受けたマーケットもしっかりしている」(国
内証券)との見方が聞かれた。
    
    財務省が午後0時半に発表した新発3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最
高落札利回りはマイナス0.2553%、平均落札利回りはマイナス0.2709%と、
前回(最高:マイナス0.1378%、平均:マイナス0.1483%)に比べて低下し
た。
    
    国債先物は堅調継続。中心限月12月限は前営業日比4銭高の155円27銭で推移
している。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.334  -0.324    0.004    12:42
 5年     -0.371  -0.364    0.005    12:36
 10年    -0.255  -0.249   -0.004    12:39
 20年     0.148   0.155   -0.017    12:39
 30年     0.303   0.311   -0.026    12:42
 40年     0.363   0.373    -0.03    12:42
 

    
    
    <11:09> 前場の国債先物は反発、長期金利は横ばいの-0.250%  

  国債先物中心限月12月限は前営業日比6銭高の155円29銭と反発して午前の取
引を終えた。前日の米債高を受けて、朝方から小幅高で推移した。10年最長期国債利回
り(長期金利)は前日と横ばいのマイナス0.250%。
   
   現物市場では、超長期ゾーンはしっかり。新発20年債は前日比1.5bp低下0.
155%、新発30年債は同3.0bp低下の0.305%。新発40年債は前日比3.
0bp低下の0.370%。

    市場では「超長期ゾーンは、最近のイールドカーブのスティープニング化に加えて、
月末接近で年金勢による年限長期化に伴う買いも入り、底堅い動きとなっている。一方で
、年金勢のフローにより手前は売りが出やすくなっているようだ」(国内証券)との声が
聞かれた。

  2年債入札については、海外勢による買いに支えられ、無難に通過するとみられてい
る。

  短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.020─マイナス0.065%
を中心に取引された。「三日積みとなり、加重平均レートはやや上昇するとみられる」(
国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。
    
    財務省が午後0時半に発表する3カ月物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落
札利回りはマイナス0.20%台前半との予想が出ている。

 TRADEWEB                           
       OFFER   BID     前日比  時間
 2年   -0.337  -0.327   0.001  11:01
 5年   -0.377   -0.37  -0.001  11:01
 10年  -0.255  -0.249  -0.004  10:58
 20年   0.147   0.154  -0.018  11:00
 30年   0.306   0.314  -0.023  11:00
 40年    0.36    0.37  -0.033  11:00
 
    <10:31> 財務省が2年債入札通告、無難通過との見方

  財務省は午前10時半、2年債入札を通告した。利率は0.1%。発行額は2兆円。
    
    入札前取引(WI)での前日引け値はマイナス0.330%(複利)。市場では「海
外勢による買いやマイナス金利深掘りへの期待から国内勢による一定の需要も見込まれ、
無難に通過するのではないか」(国内証券)との声が出ている。
    
  国債先物は小幅高で推移。中心限月12月限は155円25銭(前営業日比2銭高)
近辺で推移。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日と横ばいのマイナス0.250
%で推移している。

 TRADEWEB                            
       OFFER   BID      前日比  時間
 2年   -0.336   -0.326   0.002  10:26
 5年   -0.375   -0.368   0.001  10:30
 10年  -0.253   -0.247  -0.002  10:31
 20年   0.149    0.156  -0.016  10:31
 30年   0.305    0.314  -0.023  10:27
 40年   0.362    0.373   -0.03  10:30
 
    
    <08:55> 国債先物は反発で寄り付く、長期金利は-0.255%に低下
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比5銭高の155円28銭と反発で寄り付いた
。前日の米債高の流れを引き継ぎ、小幅高で推移している。10年最長期国債利回り(長
期金利)は前日比0.5bp低下のマイナス0.255%で出合いを付けた。
    
    日銀が週明け30日に公表する10月の『当面の長期国債等の買入れの運営について
』を控えていることから、長期や超長期ゾーンを中心に「上値の重い展開となりそうだ」
(国内証券)との声が聞かれた。
       
 TRADEWEB                           
        OFFER   BID     前日比  時間
 2年     -0.34  -0.328       0  8:52
 5年    -0.379   -0.37  -0.001  8:52
 10年   -0.257   -0.25  -0.005  8:52
 20年    0.148   0.156  -0.016  8:51
 30年    0.309   0.318  -0.019  8:52
 40年    0.376   0.387  -0.016  8:52
 
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below