October 28, 2019 / 3:57 AM / 16 days ago

〔マーケットアイ〕金利:日銀オペ結果は強い、国債先物は軟調継続

    [東京 28日 ロイター] - 
    <12:52> 日銀オペ結果は強い、国債先物は軟調継続
    
    中期・長期債対象の日銀の国債買い入れオペの結果について、「強かった」(国内証
券)との声が出ている。「オペ結果が強く、後場寄り後、先物に買い戻しが入ったが、米
債先物が弱く再び重くなっている」(同)という。
    国債先物は軟調継続。先物中心限月12月限は前営業日比21銭安の153円88銭
近辺で推移している。
    
    
 TRADEWEB                                
         OFFER   BID     前日比   時間
 2年     -0.225  -0.213    0.019    12:49
 5年     -0.254  -0.247    0.017    12:54
 10年    -0.137  -0.127    0.018    12:53
 20年     0.248   0.259    0.013    12:52
 30年     0.393   0.404    0.013    12:53
 40年     0.424   0.434    0.018    12:53
 

    
    <11:13> 前場の国債先物は続落、長期金利は-0.135%に上昇  
 
   国債先物中心限月12月限は前営業日比19銭安の153円90銭と続落して午前
の取引を終えた。日銀の追加緩和観測の後退を背景に中期ゾーンが弱含んだことにつれて
、先物も売り圧力が強まった。10年最長期国債利回り(長期金利)は前日比1.5bp
上昇のマイナス0.135%。
   
     現物市場では、新発5年債は前営業日比2.0bp上昇のマイナス0.250%。
新発2年債は同1.5bp上昇のマイナス0.225%。超長期ゾーンも弱含み。新発4
0年債は出合いなし。
   
   市場では「日米の金融政策決定会合を控えて、調整地合いが強まっている」(国内
証券)との声も聞かれた。
    
     日銀は午前に、中長期債・物価連動債買入を通告。買入予定額はいずれも据え置か
れた。市場では「オペ結果が強めの内容だったとしても、翌29日に2年債入札が控えて
いることから、中期ゾーンは売り圧力が強まる可能性がある」(別の国内証券)との声が
聞かれた。
 
   短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.010─マイナス0.020
%を中心に取引された。「金融機関による資金調達の動きが徐々に落ち着きだしてきた」
(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。

 TRADEWEB                             
            OFFER    BID      前日比  時間
 2年        -0.228   -0.216   0.016   11:01
 5年        -0.256   -0.249   0.015   10:53
 10年       -0.141   -0.131   0.014   11:01
 20年       0.248    0.258    0.012   11:01
 30年       0.393    0.403    0.012   10:59
 40年       0.423    0.434    0.018   10:58
 


  <10:11> 日銀が中長期債・物価連動債買入を通告、金額は据え置き

    日銀は午前10時10分の金融調節で、国債買い入れを通告した。対象は「残存1年
超3年以下」(買入予定額は4200億円)、「同3年超5年以下」(同3400億円)
、「同5年超10年以下」(同3500億円)、物価連動債(250億円)と金額は前回
からいずれも据え置かれた。
 
    国債先物は軟調に推移。中心限月12月限は前営業日比17銭安の153円92銭で
推移している。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1.0bp上昇のマイナス0.
140%。

 TRADEWEB                             
       OFFER   BID      前日比   時間
 2年   -0.228   -0.217    0.015   9:57
 5年   -0.256   -0.249    0.015  10:01
 10年   -0.14   -0.131    0.014  10:06
 20年   0.248    0.257    0.011  10:10
 30年    0.39    0.402    0.011  10:10
 40年    0.42    0.432    0.016  10:11
 
    <09:00> 国債先物は続落で寄り付く、前週末の米債安が重し
    
    国債先物中心限月12月限は前営業日比16銭安の153円93銭と続落で寄り付い
た。前週末の米債安の流れを引き継ぎ、売りが先行で始まった。10年最長期国債利回り
(長期金利)は前営業日1.0bp上昇のマイナス0.140%。
    
    中国商務省は26日、劉鶴副首相が25日夜に米国の通商協定についてライトハイザ
ー通商代表部(USTR)代表およびムニューシン財務長官と電話協議を行い、両国がい
くつかの部分について実務的な調整が完了したと発表した。
       
    市場では「米中通商協議を巡っては依然不透明感が強く、楽観視はできない状況。今
週は米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀金融政策決定会合を見極めるまでは、大き
く動きづらいだろう」(国内証券)との声が聞かれた。
  
 TRADEWEB                         
       OFFER   BID     前日   時間
                       比     
 2年   -0.233  -0.222   0.01  8:54
 5年   -0.261  -0.254   0.01  8:57
 10年  -0.145  -0.134  0.011  9:01
 20年   0.247   0.258  0.012  8:58
 30年   0.392   0.403  0.012  9:00
 40年   0.422   0.434  0.018  9:00
  
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
  日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below