July 20, 2020 / 2:41 AM / 22 days ago

〔マーケットアイ〕金利:日銀の短国買入結果は無難、売り急ぐ動きみられず

    [東京 20日 ロイター] - 
    <11:36> 日銀の短国買入結果は無難、売り急ぐ動きみられず

  日銀が発表した国庫短期証券(TB)の買い入れ結果は、案分レート利回り格差が0.001%。平均
落札利回り格差が0.004%となった。応札額は5兆0077億円、落札額は2兆5006億円となった
。応札倍率は2.00倍と前回(1.87倍)から上昇した。
 
  市場では「案分や平均利回りを踏まえると落ち着いた内容となった。そこまで売り急ぐ動きはみられな
かった」(国内金融機関)との声が出ている。
 
    今回の買入予定額は前回(3兆円)から5000億円減の2兆5000億円。「日銀は2018年9月
から入札発行日の翌々日に買い入れをオファー行っていたが、今回はそれを変えた。3カ月物、6カ月物、
1年物のカレント債も買入対象に入った。需給を調整し、金融の安定化を図るという意味合いがあるのだろ
う」(同)との見方が出ている。

 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年      -0.148    -0.138      0.004     10:59
 5年      -0.124    -0.114      0.006     11:00
 10年      0.012      0.02      0.006     11:00
 20年      0.407     0.415      0.009     11:00
 30年      0.586     0.593      0.008     11:00
 40年      0.618     0.632       0.01     11:00
 
    <11:08> 前場の国債先物は反落、長期金利は0.020%へ上昇
    
  国債先物中心限月9月限は前営業日比4銭安の152円37銭と反落して午前の取引を終えた。夜間取
引で国債先物が下落した流れを引き継ぎ、売りが優勢となった。10年最長期国債利回り(長期金利)は同
1.0bp上昇の0.020%。
    
    市場では「欧米金利がレンジ相場にとどまっているほか、特段材料もないことから全体的に方向感に乏
しい」(国内証券)との声が聞かれた。
  
  現物債市場では、超長期ゾーンは弱含み。「あすの20年債入札を控えて調整が進んでいる。今月は入
札を無難にこなしていることもあり、押し目買いの水準を定めやすくなってきたようだ。20年債は金利水
準が0.4%台前半であれば、(入札の)札も入りやすくなるだろう」(国内証券債券セールス担当)との
声が聞かれた。
    新発20年債は前日比1.0bp上昇の0.415%、新発30年債は同1.5bp上昇の0.595
%。新発2年債、新発5年債、新発40年債は出合いなし。

  短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.035─マイナス0.04%を中心に取引された
。「マクロ加算残高の枠に余裕がある金融機関は資金調達の動きが強い。加重平均レートは上昇するだろう
」(国内金融機関)とみられている。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年      -0.148    -0.138      0.004     10:59
 5年      -0.124    -0.114      0.006     11:00
 10年      0.012      0.02      0.006     11:00
 20年      0.407     0.415      0.009     11:00
 30年      0.586     0.593      0.008     11:00
 40年      0.618     0.632       0.01     11:00
 
    <10:10> 日銀が2兆5000億円の短国買い入れを通告
    
    日銀は午前10時10分、国庫短期証券(TB)買い入れを通告した。買入予定額は2兆5000億円
と前回の7月14日通告分(3兆円)を下回った。
    
  市場の一部では20日にオファーされるとの期待が浮上しており、その場合の買入額は2─3兆円と予
想されていた。一方で「メインシナリオとしては、日銀はオペを見送るだろう」(国内金融機関)と見方も
出ていた。
    
  国債先物は弱含みに推移。中心限月9月限は前営業日比7銭安の152円34銭近辺で推移している。

 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年      -0.149    -0.139      0.003      9:31
 5年      -0.121    -0.111      0.009      9:35
 10年      0.015     0.022      0.008      9:35
 20年      0.408     0.415      0.009      9:35
 30年      0.583      0.59      0.005      9:36
 40年       0.62     0.632       0.01      9:36
 
    
    <09:00> 国債先物は反落で寄り付く、夜間取引の流れ引き継ぐ

    国債先物中心限月9月限は前営業日比10銭安の152円31銭と反落して寄り付いた。夜間取引で国
債先物が下落した流れを引き継ぎ、売りが先行している。市場では「新規材料に乏しい中、前週までの上昇
を受けた反動で売られているのだろう」(国内証券)との声が聞かれる。

 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年      -0.152    -0.141      0.001      8:50
 5年      -0.124    -0.113      0.007      8:59
 10年      0.013      0.02      0.006      8:59
 20年      0.405     0.414      0.008      8:59
 30年       0.58     0.589      0.004      8:59
 40年      0.618     0.632       0.01      8:59
 

    
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below