for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔マーケットアイ〕金利:10年債入札結果予想、最低落札価格は100円38─40銭付近か

    [東京 1日 ロイター] - 
    <11:16> 10年債入札結果予想、最低落札価格は100円38─40銭付近か
    
    財務省が午後0時35分に発表する10年利付国債の入札結果について、市場では、
最低落札価格は100円38─40銭付近になるとの見方が出ている。
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年        -0.117  -0.111   0.001   11:01
 5年        -0.109  -0.105  -0.005   10:56
 10年        0.045   0.049  -0.005    8:56
 20年        0.429   0.434   -0.01   11:00
 30年        0.679   0.685  -0.003   10:37
 40年        0.759   0.766       0   10:39
 
    
    
    
    <11:07> 前場の国債先物は上昇 新発10年債は取引未成立
    
  国債先物中心限月9月限は前営業日比5銭高の151円74銭と上昇して午前の取引
を終えた。夜間取引で国債先物が上昇した流れを引き継ぎ、強含みに推移した。新発10
年国債利回り(長期金利)は出合いなし。        
  
    2日発表の6月の米雇用統計を控えて様子見ムードが広がっているほか、来週に30
年債入札や5年債入札などの供給イベントが相次ぐことから、「一方向に買われたり、売
られたりする動きになりづらい」(国内銀行)との声が聞かれた。
    
    10年債入札については、新発債に加えて「低ボラティリティ環境が継続する中、キ
ャリー選好の需要が集まるのではないか」(国内証券)との声が聞かれ、無難に消化する
とみられている。
    
  日銀が1日発表した6月短観によると、大企業・製造業の業況判断指数(DI)がプ
ラス14、非製造業がプラス1と、ともに4期連続の改善となった。    
  りそなホールディングスのエコノミスト、村上太志氏は、製造業は順調に改善してい
る一方、非製造業は引き続き重く、ほぼ予想に沿った内容だったと指摘。その上で、「設
備投資の強さは好材料で、企業のマインドが堅調なことが示された。足元では失業率が上
昇していたが、雇用が不足しているという回答は3月調査時点よりも増えるなど、悪い内
容ではない」との見方を示した。
    市場では目立った反応は見られなかった。
  
    現物市場では、新発20年債は前日比1.0bp低下の0.430%。新発30年債
は同横ばいの0.685%、新発40年債は前日と変わらずの0.765%。新発2年債
は前日と同水準のマイナス0.115%。新発5年債は出合いなし。

  短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.05─マイナス0.012%を
中心に取引された。「地銀の資金調達ニーズがやや強まっており、レートは月末前の水準
に戻っている」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年      -0.118    -0.111      0.001     11:00
 5年      -0.109    -0.105     -0.005     10:56
 10年      0.045     0.049     -0.005      8:56
 20年      0.429     0.434      -0.01     11:00
 30年      0.679     0.685     -0.003     10:37
 40年      0.759     0.766          0     10:39
 
    
    
    
    <10:31> 財務省が10年債入札を通告、需要強く順調予想多い
    
    財務省は午前10時半、10年利付国債入札を通告した。発行予定額2兆6000億
円。利率0.10%で、第363回債の新規オープン発行となった。
    入札前取引(WI)は前日時点で0.065%(複利)だった。
    市場では「やや割高感はあるが、投資家需要は強い。日銀オペ減額の影響は乏しい一
方、税収増などプラス材料もある。順調な入札となりそうだ」(国内証券)との声が出て
いる。
    
    国債先物は小幅高。中心限月9月限は前日比6銭高の151円75銭近辺で推移して
いる。カレントの新発10年債(362回債、長期金利)は出合いがみられない。
    
    
 TRADEWEB                                 
           OFFER    BID     前日比  時間
 2年         -0.12  -0.114  -0.002    9:01
 5年        -0.109  -0.105  -0.005   10:18
 10年        0.045   0.049  -0.005    8:56
 20年        0.429   0.434   -0.01   10:29
 30年        0.679   0.684  -0.004   10:00
 40年        0.759   0.765  -0.001   10:30
 
    
    
    <09:07> 国債先物は上昇、日銀短観には反応薄
    
    国債先物中心限月9月限は、前営業日比3銭高の151円72銭と上昇して寄り付い
た。夜間取引で国債先物が上昇した流れを引き継ぎ、買いが先行して始まった。
  
  日銀が1日発表した6月短観によると、大企業・製造業の業況判断指数(DI)がプ
ラス14、非製造業がプラス1となり、ともに4期連続で改善した。市場では「予想範囲
内の結果となり、材料視されないのではないか」(国内銀行)との声が聞かれる。

 TRADEWEB                                      
        OFFER     BID       前日比     時間
 2年       -0.12    -0.114     -0.002      9:01
 5年      -0.109    -0.105     -0.005      8:59
 10年      0.045     0.049     -0.005      8:56
 20年      0.429     0.435     -0.009      9:06
 30年       0.68     0.688          0      8:55
 40年      0.755     0.765     -0.001      9:07
 
    
    
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向         
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 売買参考統計値(10年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(20年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(30年債)
    日本証券業協会 売買参考統計値(40年債)<0#JPTSY4=JS
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (※関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up