August 1, 2017 / 6:16 AM / 3 years ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小幅続落、長期金利変わらず0.075%

    [東京 1日 ロイター] - 
    <15:14> 国債先物は小幅続落、長期金利変わらず0.075%
    
    長期国債先物は小幅続落。市場参加者の動きは鈍く高値と安値の差はわずか5銭と狭
いレンジでの売買となった。前日の米債安の影響は限定的となり、出来高は盛り上がりを
欠いた。現物債も動意薄。10年債入札は無難に通過したが手掛かりにならなかった。超
長期ゾーンは10年債入札に絡んだ入れ替えの動きなどから売りが優勢になった。
    
    長期国債先物中心限月9月限の大引けは、前営業日比3銭安の150円13銭。10
年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比変わらずの0.075%。
    
    短期金融市場では、無担保コール翌日物がマイナス0.045─マイナス0.075
%を中心に取引された。月末要因がはく落し、前日に比べて取引金利は小幅上昇した。レ
ポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートはマイナス0.088%とマイナス幅を
拡大。前日に約5年ぶりに上昇したTIBOR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0.0
75%と横ばい。ユーロ円3カ月金利先物は強含み。
    
    
 TRADEWEB                          
       OFFER   BID     前日   時間
                       比     
 2年   -0.124  -0.111  0.001  14:50
 5年   -0.066  -0.058      0  14:21
 10年   0.071   0.078  0.002  14:59
 20年   0.583   0.591  0.001  14:51
 30年    0.87    0.88  0.004  15:00
 40年   1.085   1.096  0.005  14:52
 
    <14:40> 国債先物は動意薄、あすの日銀オペに関心移る
    
    国債先物は動意薄。足元の国債先物中心限月9月限は前営業日比2銭安の150円1
4銭近辺で推移しており、高値と安値の差はわずか5銭と狭いレンジでの売買になってい
る。市場では「10年債入札は無難に通過したが手掛かりになっていない。目先の材料は
、あすの日銀オペで買い入れ額の調整があるかという点だ」(国内証券)との指摘がある
。10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比横ばいの0.075%で膠着。
    
    
 TRADEWEB                           
       OFFER    BID     前日   時間
                        比     
 2年    -0.124  -0.111  0.001  14:21
 5年    -0.066  -0.058      0  14:21
 10年    0.071   0.078  0.002  14:30
 20年    0.583   0.591  0.001  14:21
 30年    0.871   0.881  0.005  14:31
 40年    1.085   1.096  0.005  14:31
 
    <13:02> 10年債入札結果、順調の範囲内との評価

    財務省が午後0時45分に発表した10年利付国債の入札結果で、最低落札価格は1
00円25銭(最高落札利回り0.074%)、平均落札価格は100円26銭(平均落
札利回り0.073%)となった。落札価格の平均と最低の開き(テール)は1銭と前月
債(1銭)と同水準。応札倍率は4.21倍と前回(4.77倍)をやや下回った。
    
    JPモルガン証券・チーフ債券ストラテジストの山脇貴史氏は「入札結果は、順調の
範囲とみてよいだろう。このところの10年債利回りは0.06%─0.09%程度のレ
ンジを形成しており、落札利回りはその中央値ぐらいとなり、水準的には良くも悪くもな
い印象を受ける。日銀が入札の大部分の額を買い入れているので、投資家の需要がさほど
多くなくても入札をこなした感じだ」と分析した。
    
    
 TRADEWEB                             
        OFFER   BID     前日比  時間
 2年    -0.124  -0.111   0.001   12:47
 5年    -0.066  -0.058       0   12:47
 10年    0.073   0.081   0.005   12:54
 20年    0.586   0.595   0.005   12:53
 30年    0.871   0.881   0.005   12:47
 40年    1.086   1.098   0.007   12:54
 
    <11:30> 10年債入札の最低落札価格、100円26─27銭付近か
    
    財務省が午後0時45分に発表する10年利付国債の入札結果で、最低落札価格は1
00円26銭─100円27銭付近になるとの見方が出ている。
    
 TRADEWEB                                   
       OFFER     BID      前日比    時間
 2年     -0.125   -0.111     0.001     11:00
 5年     -0.068   -0.059    -0.001     11:00
 10年     0.071    0.078     0.002     11:01
 20年     0.585    0.594     0.004     11:00
 30年      0.87    0.881     0.005     11:00
 40年     1.084    1.096     0.005     11:00
 
    
    <11:16> 国債先物が小幅続落で前引け、長期金利は横ばい0.075%
    
    国債先物中心限月9月限は前日比1銭安の150円15銭と小幅続落して午前の取引
を終えた。前日の米債安に加えて、きょうの10年債入札に絡んだ調整圧力で、朝方から
上値の重い展開となった。ただ、入札は業者主導の応札で無難な結果が見込まれており、
好需給を支えに下値も限定的だった。
    現物市場は閑散。入札に絡んだ持ち高調整主体の動き。超長期は過剰なリスクを減ら
す動きや10年債入札に絡んだ入れ替えの動きなどから売りが出た。10年最長期国債利
回り(長期金利)は同横ばいの0.075%。
    
    短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.045─マイナス0.075%
を中心に取引された。月末要因がはく落し、前日に比べて取引金利は小幅上昇している。
加重平均レートも前日(マイナス0.064%)を上回って推移しているもよう。ユーロ
円3カ月金利先物はしっかり。
 TRADEWEB                           
       OFFER   BID     前日比  時間
 2年   -0.125  -0.111   0.001  11:00
 5年   -0.068  -0.059  -0.001  11:00
 10年   0.071   0.078   0.002  11:01
 20年   0.585   0.594   0.004  11:00
 30年    0.87   0.881   0.005  11:00
 40年   1.084   1.096   0.005  11:00
 
    
    <10:32> 財務省が10年債入札を通告、業者主導の応札で無難か
    
    財務省は午前10時半、10年債入札を通告した。発行額2兆3000億円程度。利
率0.1%で第347回債のリオープン発行となった。
    7月の金利上昇局面で、日銀が買入増額と指し値オペを通じて金利上昇をけん制する
姿勢を示したことをきっかけに、金利先高観が後退。直近2週間の10年債利回りは0.
065─0.080%の狭いレンジで推移している。
    市場では、キャピタルゲインを得られにくい投資環境の中で「ショートカバー需要や
日銀への売却を前提にした在庫確保など、業者主導の応札で入札を無難に通過するのでは
ないか」(証券)との声が出ている。
 TRADEWEB                               
       OFFER    BID      前日比  時間
 2年    -0.124   -0.112       0    10:23
 5年    -0.068   -0.059  -0.001    10:32
 10年     0.07    0.078   0.002    10:32
 20年    0.587    0.595   0.005    10:32
 30年    0.871    0.881   0.005    10:23
 40年    1.085    1.096   0.005    10:31
 
    
    <09:01> 国債先物が小幅安、10年債入札控え調整圧力
    
    国債先物中心限月9月限は前営業日比横ばいの150円16銭で寄り付いた。その後
は小幅安水準で推移している。きょうの10年債入札に備えた調整圧力に上値の重い展開
となっている。
    現物市場は閑散。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.075%
を付けた。超長期は弱含み。
    
    市場では「10年債入札は、業者のショートカバー需要に加えて、他年限との入れ替
え需要などから、無難に通過するのではないか」(証券)との声が出ている。
 TRADEWEB                             
       OFFER    BID     前日比  時間
 2年    -0.126  -0.112       0    9:01
 5年    -0.068  -0.059  -0.001    9:01
 10年    0.071   0.078   0.002    8:46
 20年    0.586   0.594   0.004    9:01
 30年     0.87   0.881   0.005    9:01
 40年    1.085   1.097   0.006    9:01
 
    日本相互証券の日中画面
    トレードウェブの日中画面
    国債引値 メニュー
    10年物国債先物
    国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む 
    国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含 
    変動利付国債引値一覧・入札前取引含む 
    物価連動国債引値一覧・入札前取引含む 
    スワップ金利動向
    ユーロ円金利先物(TFX)
    ユーロ円金利先物(SGX)
    無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)
    TIBORレート
    日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む
    短期国債引け値・入札前取引含む 
    短期金利のインデックス 

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below